BUYMA(バイマ)・AMAZON・ヤフオクの比較 | スモビジ

スモビジ

BUYMA(バイマ)・AMAZON・ヤフオクの比較

   

BUYMA、Amazon、ヤフオクの特徴を比較

 

BUYMAを始めようと思っておられる方には、Amazonやヤフオクの経験者の方もおられると思いますので、今回は3つのサイトの特徴を比較しました。

 

 

アマゾン Amazon.co.jp 

 

 

amazonはみなさんも消費者側でご利用かと思いますが、非常にシンプルな流れです。

 

大口出品者登録して、出品者としてFBA納品する場合、商品が売れると、アマゾンが発送~商品代金の回収まですべて行ってくれます。

 

 

ヤフオク!日本最大のオークションサイト

 

 

ヤフオクは手数料・出品料無料。即金性はあるが、問い合わせ対応や商品ページの作成など、手間がかかることが多い。

 

BUYMA ファッション通販サイト

 

 

唯一無在庫販売を認めている。在庫確認のやり取りなどがあり、顧客対応が多い。

 

 

BUYMAから見たAMAZONとの違い

 

1. BUYMAは無在庫が前提なので、お客さまも2,3週間は待ってくれるが、Amazonは基本は有在庫販売が前提なので、商品の詳細を見てないお客様の場合は問い合わせが来たり、クレームになることがある。

 

Amazonは注文が入って在庫がないという理由でのキャンセルが続くと、アカウント停止になる可能性があるが、BUYMAは同じ理由でキャンセルしてもアカウント停止にはならない。

 

2. BUYMAは出品している商品に対しての問い合わせや、受注後のお客様とのやり取りが多い。

 

3. BUYMAはよりネットショップやヤフオクに近いため、自分のショップ感があり、個性を表現しやすいが、Amazonよりも出品するページの作りこみに時間がかかる。

 

4. BUYMAはすぐ手元に欲しいというお客様より、素敵なものを購入したいというお客さまが多く、手書きのメッセージカードやおまけ、丁寧な梱包などがいい評価につながる。

 

5.  BUYMAはブランド商品が中心のため、AMAZONより価格帯が高い。

 

6. BUYMAでは規約に沿った理由でない限りは、購入者側からのキャンセルはできないが、Amazonは購入後1ヵ月以内だと、どんな理由でもキャンセルできる。

 

以上、BUYMAとAmazonやヤフオクを比較しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

サイトによってかなり特徴に違いがありますね。ここにあげてないことで他にもいろいろと特徴がありますので、BUYMAでバイヤーとしての活動を始める前に、上記以外にもBUYMAのトップページやヘルプなどを見たりして、サイトの基本的な特徴を一通り押さえておきましょう。

 

「BUYMA」と「国内転売」どちらを選択するべき?

 

著者 ジュンコ

 - BUYMA(バイマ)販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事