古物商許可証の取り方 せどり転売には必須

古物商許可証の取り方 せどり転売には必須

 

今回は、古物商許可証の取り方についてご説明します。

【申請場所】

営業所の所在地を管轄する警察署の防犯係が窓口

 

【申請時間】

平日の午前8:30~午後17:15まで

申請書、添付書類、業務内容の確認、会計窓口での申請手数料納入など

時間がどのくらいかかるかわかりませんので、気を付けていってください。

 

【手数料】

19000円

申請時に警察署会計係窓口で納入します。

※許可が下りなかった場合、または申請を取り下げた場合も手数料は返金がないです。

 

【許可書の交付】

申請から40日以内に、申請場所の警察署から許可・不許可が通知されます。

 

【必要書類】

個人許可申請と法人許可申請の2種類あり

 

今回は、個人許可申請について必要な項目をご紹介します。

 ・管理者を設ける

・住民票

・身分証明書

・登記されていないことの証明書:東京法務局が発行する「成年被後見人・被保佐人に登記されてないこと」を証明するもの

・略歴書

・誓約書

・営業所の賃貸借契約書のコピー

・駐車場等保管場所の賃貸借契約書のコピー

・URLを届ける場合は、プロバイダーからの資料コピー

・委任状

以上、古物商許可証を取得するために必要な手続き関係となっています。

 

詳しくは、こちらのページをご確認くださいね。

警視庁ホームページ

古物商許可申請について

 

最短で確実に古物商許可を取得するポイントとは

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。