Amazonで中古の商品を高く売るコツ | スモビジ

スモビジ

Amazonで中古の商品を高く売るコツ

   

Amazonで中古商品を高く売るコツ

Amazonは、集客力がすごいので、それだけ販売位できる可能性も広がります。購入者はど子からでも買えますし。

 

多くの競合の中から、自分の店舗から買ってもらうためには、努力が必要です。ところが、この努力をしてないお店が多いです。ですから、基本を押さえ、他の店舗よりも選んでもらえる工夫をしていくことです。

 

商品の高い回転率、相場よりも利益が取れる価格で売却するようにしましょう。思ったより、ちょっとした工夫ですので、慣れてしまえばすぐできます。

 

出品写真の加工

出品写真ですが、ほとんどのセラーはこれをつけてないです。Amazonは出品写真がなくても出品できるので、楽でいいと思っているかもしれません。ところが、出品写真を追加することでかなり優位に立てます。

 

価格が多少高くても、出品写真が見れたら、そちらで買ってしまいませんか?ほとんどのセラーが写真なしなので、とても目立ちます。

 

写真撮影の方法

他の競合に勝とうとおもったら、キレイな画像を出品しましょう。そうしないと、画像を載せる意味がないです。撮影時の注意点をお伝えしますね。

 

・自分の姿が映らないように

CD・DVD、ゲームなどの反射するような商品は、正面から撮影すると、自分の姿や手などが写ってしまうので、注意しましょう。商品画像はそこまでクォリティを追及しなくてもいいですが、必ずちょっと角度を変えて撮影しましょう。

 

・背景を選ぶ

本体がきれいでも、背景が自宅の床やカーペットだと、見た感じあまり印象がよくないです。

 

Amazonの背景は、基本白が一番おススメですし、きれいに見えます。カレンダーの裏や、白い布、白い紙(画用紙・模造紙)でもオッケーです。

 

・光に気を付ける

夜に室内で撮影すると、光度が足りないので、一番いいのは太陽の光です。日中日が当たる場所で撮影しましょう。光の加減が足りないと、写真が暗く見えるので、あまりよくないです。お客さんは、初めの印象で買うかどうかを決めます。

 

特殊な機材などを買う必要はないですが、光が当たる明るいところで撮影するようにしましょう。

 

・画像の加工方法

写真をただ撮影して、そのまま使うと必要ないところも入っていたり、全体的な印象を変えたほうがいいです。明るさ、コントラスト、画像のサイズやファイルの種類を変えての保存をしましょう。

 

スマホアプリやのPCの無料のソフトなど、最近はいろいろと優れたツールが無料で使えるので、使いやすいものを自分で選びましょう。

 

商品説明の書き方

自分が買う側の立場だったら、商品の詳細を細かく読みますよね。お客様もそんな感じで読んでいます。

 

ですから、文章の印象が悪いとマイナスになりますし、わかりやすく訴求力のある文章だと、とてもいいイメージなので、購買率に大きく影響してきます。

 

コンディションについて

中古商品は特に、状態が気になります。擦れ、傷、破損などがある場合、短い文章でまとめるのは難しいので、ちょっと厳しめな評価で事実を伝えましょう。あと、付属品なども詳細に記入します。

 

商品情報

Googleでリサーチすれば、説明は書けますが、メディアの情報の映画、ドラマ、アニメ、有名人の情報など、わかりやすく情報を載せておくと、訴求力が高まります。

 

発送方法の書き方

・自己発送

どの業者から、どのくらいでお届けするかを記載しておきましょう。

 

追跡番号、保証のある配送方法か、梱包についてなど。Amazonはお客様とのやりとりをあまりしないので、こういった詳細をきちんと明記しておくと、よい印象を与えます。

 

・FBAについて

一旦Amazonに送ってしまえば、あとはAmazonがやってくれますが、FBAの良い点をわかりやすく説明しましょう。

 

Amazonで販売したことがない一般の方は、FBAの仕組みを知らないです。説明がないとそういう意味で不利になります。ちょっとしたことで有利になるので、気を付けてくださいね。

 

説明文の書き方

商品説明は、長く書きすぎると続きを読むをクリックしないと、表示しません。ですが、クリックしない人が多いです。

 

なので、伝えたいことを頭に持ってくることが大事です。印象を与える表現は頭に置きます。

 

お店のロゴを変える

出品者の多くは、青文字のままで、ロゴに変更していないところも多いです。

 

しかし、このロゴを表示することで、きちんとした印象を与えます。

 

ロゴを作るには、無料サイトがいっぱいあるので、検索してみましょう。

 

作成する際は、お店の名前をデザインしましょう。以下の動画で作成とアップロードの方法について詳しく説明しています。

 

 

評価をもらう

対応の早さ、説明通りか、不具合・欠品がないかなど。

 

このような要素で、お客様は評価をつけます。

こう評価は、ある一定の数があれば、あまり差はないです。ですが、初めは評価がないと売れないので、評価集めを意識しましょう。

 

評価数は100件以上、高評価率90%以上はいきたいですね。

 

少しでも悪い評価がつくと、評価率がかなり下がります。

 

これを挽回するには、いい評価をより多く集めることです。

 

評価はどうやったらもらえるか

商品がとどいたころに、無事に届いたかどうかを確認する内容を送ります。

 

そうすれば、簡単に評価をくれます。

 

評価が多ければ、同じ状態の商品を出している競合がいたとしても、こちらを選んでくれるでしょう。

 

 

以上が、中古商品を高く売るコツでしたが、いかがでしたでしょうか?

 

こういったちょっとした工夫で、回転率が速くなり、お客様に良い評価をいただけるようになるので、ぜひ取り組んでいってくださいね。

 

 

 - せどり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事