LINEクリエーターズスタンプで稼ぐ方法 | スモビジ

スモビジ

LINEクリエーターズスタンプで稼ぐ方法

   

LINEクリエーターズスタンプについて

LINEクリエーターズスタンプは、LINEのスタンプを作って、販売できる2014年4月からのサービスです。

 

自分でデザインしたスタンプを自分で作って、自分で使うことができ、世界のLINEユーザー5億人以上の人たちに、販売することができるビジネスです。そのためには、やり方があるので、LINEの規定を守れば、誰でもスタンプを作って売ることができます。

 

パソコンができない人も、することができます。

 

スタンプを販売する方法

まず、LINEアカウントと、クリエーターのアカウント登録をします。

LINEアカウントを登録

 

こちらは、まずスマホからアプリを無料ダウンロードして、登録します。起動して、アカウントを作ります。

 

② LINEクリエーターズマーケットでクリエーター登録

 

作り方は、以下の動画でわかりやすく説明していますので、ぜひご参考にしてくださいね。

 

スタンプ作成から登録まで

クリエーターズに登録がおわったら、スタンプを作ります。作ったスタンプを登録して、審査が通ると販売ができます。

 

まず、販売価格ですが、120円です。受け取る利益は、売り上げ総額の35%がクリエーターに割り当てられます。

 

リジェクトと言って、申請したスタンプがLINEの基準にあってない場合、審査が通らないことです。一度で審査が通るように、かならずLINEの基準を押させておきましょう。

 

 

スタンプを審査に出す前に、チェックする項目がありますので、かならずそちらをチェックしてから、審査に出しましょう。

 

スタンプ作成に何がいるのか

有料のもの

Illustrator

 

プロの方も、広告やイラスト、ロゴ、その他のデザインに使用しているソフトです。はっきりしたイラストを描くのにとても便利です。とても高機能なので、初めての方にはおすすめできません。

 

Photoshop

 

Illustratorと同じ、Adobeのソフトですが、画像編集に使います。イラストにも使えるので、スタンプの作成にもいいですよ。イラストの色を鮮やかに、個性的な表現をしたいときに使えます。無料で使えるものもあります。

 

Painter

 

Corel社製のソフトです。ペンタブレットでイラストを描くには、とても良いソフトです。ブラシの機能が優れているので、いろんな表現をすることができます。

 

Photoshop Elements

 

Photoshopの機能が少ないものです。スタンプ製作には特に問題はないです。

 

無料ツール

GIMP

 

フリーソフトですが、かなり優れています。画像のレタッチに使えて、レイヤーの機能もあり、イラスト作成に活躍します。

 

Pixia

 

無料ですが、いろいろと機能が優れています。

有料のオプションを追加すると、質の高いスタンプが作成できます。

 

スタンプを作る順番

①ターゲットを決める

②その人がどんな生活をしているのか想像する

③セリフを想像して、書き出す

④キャラクターを描いてみる

 

世界中の人にスタンプを使ってもらうには

日本語のスタンプだと、日本人だけしか使えませんが、英語のスタンプを作ると、かなり多くの人に使ってもらえる可能性が高くなります。

 

日本語で考えたセリフを、英語にします。中学英語で十分です。

 

イメージが浮かんできたら、イラストのソフトを使って、セリフと組み合わせながら、作成します。審査基準をチェックしたら、申請しましょう。

 - せどり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事