Amazonの長期保管手数料に注意点 | スモビジ

スモビジ

Amazonの長期保管手数料に注意点

   

Amazonの長期保管手数料に注意点

長期在庫保管に対する年に2回の徴収

FBAを利用している場合、年に2回、2月と8月に在庫のチェックがあり、FBAに1年以上おいてある商品を調べられて、10×10×10センチが174.857円の長期在庫保管料を半年分取られます。

 

何もしないと、勝手に課金されるので、くれぐれも注意しましょう。

 

それぞれのASINに対して、在庫が1つしかない場合は、かからないです。

 

この保管料の対象となる商品を持っている出品者に対して、商品数や金額の詳細が、Amazonから届くので、重要というタイトルのメールは必ずチェックしましょう。メールがとどいていたら、早急に手続きしたほうがよいです。

 

長期保管手数料対象商品をチェックする方法

それ以外で、他に自分でチェックする方法があります。それは、Amazon古フィルメントの返送推奨レポートです。

 

こちらは、一層日の6週間前に手数料がかかる商品をピンポイントで指定し、その在庫を返送、所有権の放棄をしてすることができるので、長期保管手数料を取られる必要のないもの以外は課金されないので、とても便利です。

 

返送か破棄かの判断について

こちらは、Amazonの指標で選別する方法があります。

 

出品用アカウントの設定から、FBAの設定を選びます。それから、4つ目の長期保管在庫自動返送/所有権の放棄の設定をクリックします。

 

そうすると、返送と破棄、または返送と破棄のしきい値になる価格を設定することができます。

 

具体的な数字を入れると、所有権を破棄してもらうことができます。

 

設定値以上の価格の場合は、課金されて出品のままです。これをしておけば、自動的に管理してもらえるので、とても便利です。

 

特に出品数が多い方は、とても大変な作業ですので、必ず設定しておきましょう。

 

出品している商品の金額を考慮したうえで、これらの価格を決めておけば、あとからしまったと思うことはないと思います。

 

それでは、このようなAmazonの便利な機能をぜひ積極的に活用していきましょう。

 

以下の動画で詳しく説明していますので、ご確認くださいね。

 

 - Amazon管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事