創業融資を受けるコツ!魂の入った創業計画書 | スモビジ

スモビジ

創業融資を受けるコツ!魂の入った創業計画書

   

創業融資を受けるコツ!魂の入った創業計画書

新創業融資制度は、日本政策金融公庫の融資限度額が2倍から9倍になりました。

 

これは事業をされている方には、とてもチャンスです。

 

今までは、資本金100万円で融資限度額が200万円でしたが、改正後は900万円となりましたが、全額融資されるわけではありません。900万円融資を受けるには、事業計画書の自社のセールスポイントの書き方がポイントになってきます。

 

先日カフェを開業したいという方が、おられましたが、無農薬野菜を使った低価格のカフェをしたいということで、すでに3件の農家と提携しており、ここから直接仕入れることで、品数が豊富な、無農薬野菜を相場よりも安く他より提供できるということです。

 

今の制度のほうが、自社の強みを具体的にわかりやすく、金融機関の担当者に伝えることができるのでいいですね。

 

融資を受ける際は、税理士さんの紹介などで融資の申し込みをした方が有利ですので、信頼できる税理士さんを探して、事業計画書の書き方も相談しましょう。

 - 創業融資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事