創業融資 融資のタイミングと機関別の成功率

創業融資 融資のタイミングと機関別の成功率

今回は起業にあたって、どのタイミングでどこに融資を申し込むかをご紹介していきます。

 

まず起業前は、日本政策金融公庫になります。サロンやカフェなど開業する場合、内装や工事費にこれだけかかりますという申請が必要になります。

 

また、起業準備期間中においては、信用保証協会、小規模事業金融公社に融資を申し込みます。

 

許認可を得てから申請したほうがよく、設備の実地をしてから、検査に向けて準備します。内定の段階になって、お店でその実地に不備があれば、融資の実行が不実行になる可能性があるので、必ず確認してから提出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。