創業融資 事業計画書と収支計画の内容と書き方 | スモビジ

スモビジ

創業融資 事業計画書と収支計画の内容と書き方

   

創業融資 事業計画書と収支計画の内容と書き方

今回は創業融資を成功させるための事業計画書の書き方について、ご紹介していきます。

 

まず、どれだけ支出があって、どれだけ収入があるのか。収支計画が控えめになっているかが大事です。

 

また、家賃、電気、光熱費、一番大事なのはもろもろの人件費などの経費はどのくらいかかるのかを書いていきます。

 

国から融資をうけるので、税金を払っていないというのはあり得ないことなので、注意しましょう。

 

上記に挙げた項目以外にもいろいろとありますが、経費はとても見落とす方が多いので、実際にかかる経費をどれにどのくらいかかるかをしっかり整理して、相手は専門家ですので、控えめに厳しくつけていきましょう。

 - 創業融資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事