本当の意味の起業とは

仕事の仕を志の時に置き換えて考えると、「志」という字は、十と色を一つにする心と書いて、こころざしと読みます。

 

ですから、自分自身がこの人生において、何をしていくのか、というこ戸を大事にしていただきたいのです。

 

10人いたら、その人たちがいいねというような、自分にしかできないようなことをやるというのが、志の本来の意味となります。

 

それを仕事にして、どうやって社会に貢献し、人に喜んでもらえるのかを考えることが大事です。

 

起業家として独立するということだけではなく、どんな仕事でもこれが自分の仕事だと思って、それを社会的に役出たせて、多くの人に喜んでもらうことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。