最強の時短ツール To doリストの活用法

最強の時短ツール To doリストの活用法

それでは、もう一つ、自分が会社員の時にやっていた管理方法をお伝えします。

 

少なく見積もっても1日を25時間にするくらいの効果はあるでしょう。

 

To doリストを作る

To doリストを作る方法は、やるべきことが頭に浮かんだら、タイトルだけどんどん書きこんでいきます。

 

そのポイントとしては、

 

・あとからいいアイディアだったら、忘れたらもったいない

・一つの作業をなるべく細分化する。なるべく1日できる範囲

・リストを全体的に見て、優先順位が高いものや、作業効率を考えて一緒にできるものがあれば、同時に進めていく

色分けをしていってもいいでしょう。

 

作業が完了したものは、グレーでぬりつぶすようにする。そうすれば、達成感が感じられるからです。

 

こういった作業を毎日1回リストを見て、全体を把握して、優先順位が高いものや、同時進行できる作業は一緒にすることで、時間を最大限に使うことができます。

 

口で言うと、簡単そうに思えますが、やるかやらないかで、かなり違いが出てきます。

 

絶対してほしくないことは、PCの前で何をしようかと考え込むことです。今回の記事を読んでくださった方は、これからは、このようなことがないよう、気を付けていきましょう。

 

このリストを使えば、集中して作業をすることができますので、ぜひ活用していってくださいね。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。