潜在意識をうまく使う方法 自分をコントロールする | スモビジ

スモビジ

潜在意識をうまく使う方法 自分をコントロールする

   

潜在意識をうまく使う方法 自分をコントロールする

自分の感情を調節できなければうまく人生を切り抜けられません。感情を持て余していると、せっかく持っている潜在能力を活用することができないからです。

 

人間の心の中には、潜在能力と一緒に食欲や性欲、不安、恐れ、喜びなど、いろいろな感情が沈んでいます。いろいろな感情がある中から沸き上がるのが潜在能力なのですが、潜在能力はいつも正しい方向に向かっているとは言い切れません。自分の考え方次第で毒にも薬にもなりますから、自己コントロールする必要があります。

 

生理的な要求や安全の要求しかなかった人間は、科学技術の進歩とともに会社での地位などの社会的な要求や認められたいという自我の要求をするようになりました。しかし要求があっても意識が追いつかないため自己コントロールすることができずにうつ病やノイローゼの患者が増えています。

 

わかっていても悪い習慣から抜けられなかったり人に命令されなければ動くことができないなど、自分がどんな人物かをわかりきれていないために自分をコントロール出来ない人は多いです。自分をわかりたければ何事も肯定的に物事を考えてください。

 

人には4つのタイプがあり、その1つが自分は肯定して他人は認めないタイプです。自分に肯定的なのは自信があってよいですが、他人を否定してばかりではコミュニケーションがとれません。そのままでは肯定的な人生は送れませんから注意してください。
他人を肯定して自分を否定するタイプは、自分をだめな人間と考えて物事を肯定的に見ることができません。

 

他人も自分も否定するタイプはどうしようもありませんが、きっかけさえあれば自分も他人も肯定するタイプに変わることができます。自分も他人も肯定するタイプが一番成功します。

今はできていなくても自分も他人も肯定するタイプの人間に近づけるようがんばってください。

 - 創業スクール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事