起業を失敗しないためには変化と継続が大事 | スモビジ

スモビジ

起業を失敗しないためには変化と継続が大事

   

起業を失敗しないために

起業というのは、みなさんが簡単に思っているようなものではなく、とても泥臭く、社長はほとんど毎日休みなく働いて、やっと生き残っています。

 

廃業率

1年・・・4割
5年・・・7割
10年・・・9割

と言われています。

 

ですから、5年10年と生き残っている会社は1割です。

 

とても恐ろしいですよね。。。

 

国税庁発表の廃業率

5年後残っているのは15%

10年後残っている会社は6.3%

インターネット関連やこだわりの店など、起業はとても始めやすいので、ほとんどは思いつきなのです。

 

ところが、子育てと一緒で、してみないと全くわからないので、ほぼ全員が素人で、長くやっていれば慣れてくるが、先ほどお伝えしたように生き残るのはとても大変です。

なるべく廃業したくないので、事業計画書をを作ることをオススメします。

 

現実的に、従業員の方との作戦の共有が大事が、従業員を雇う前につぶれることも多いです。

 

事業計画書は作戦なので、事業計画を立てて戦うことは、すでに勝っていることと同じなのです。

 

ところがみなさん始めは素人で、めちゃくちゃな内容ですが、慣れてくるとうまくなっていきます。

P計画→D行動→C評価→改善

みなさん、始めのうちはがむしゃらにこれを繰り返します。

 

私が今回一番お伝えしたいのは、毎週1つでも改善していくことです。たった一つの改善もできなくなると、生き残れなくなるからです。

ですから、起業したら、とにかく変化と継続をし続けてください。

ところが、どういうふうに変えていいかわからないという方が多いのですが、真似は変化と同じことなので、いいと思った会社やお店などを徹底的マネするとどんどん変化していきましょう。ここまではみなさんできます。

そして、それを継続していくことが大事です。

 

つまり、変化と継続ができなければ生き残れないけど、逆に常に変化と継続ができれば残っていけるので、みなさんしっかりと意識して、がんばってくださいね。

 

 - 起業するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事