ビジネスアイディアは初めから1つに決めないことが大事 | スモビジ

スモビジ

ビジネスアイディアは初めから1つに決めないことが大事

   

ビジネスアイディアは初めから1つに決めないことが大事

とても貴重なミーティングに参加して、仕入れを考え中の外資系の国内に支店のある、担当支社と話し合ってきました。

 

ところが、仕入れ値と条件があまりよくなかったので、外資系からの仕入れは保留にすることになりました。

 

テレビで、通販について、動画を使った宣伝についても、いろいろと取引先と相談し、各項目にたいして、やるかやらないかという選別して、区別もして、いろいろと計画していたことを整理していくために、つぶしていきました。

 

そして、5社の仕入れ候補から返事がきましたが、思った通りの返事をくれたのは、2社だけだったので、1社だけにして、取引することにしました。

 

こういった流れで、新しい企画や物販をスタートするときは、同時にいろいろと立ち上げて、取引先もいくつか連絡し、その後選別して捨てることが大事です。

 

新規事業はアイディアだけで、最後まで行かないことも多いです。

 

 

ですから、1つに決めて、突き進むのはかなりリスクが高いです。

 

行動して進めていけば、問題がうまくいかないことが起こります。

 

ですから、あまり経験がない人ほど、企画やアイディアではじめに思いついたことにこだわって、うまくいかないのです。

 

思いは熱くても、全体をちゃんと見るということにアンテナを立てておきましょう。特に、事業として年商1億という大きな目標がある方は、そこがとても大事です。

 

いくつか候補を上げる中から、その中で自分の思う方向に絞っていきます。

 

物販で、年商1億にしようとおもったら、このように捨てることが大事なのです。

 

新しいビジネスをする際に、企画の立ち上げ、絞り込み、誰を巻き込むか、そして利益率の計算で、つきつめると、契約と行動がとても重要なのです。

 

 - 創業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
フリー素材サイトをゼロ資金で作って稼ぐ方法

The following two tabs change content be …

no image
EQを上げるために必要なクレドの手段とは?

The following two tabs change content be …

no image
創業 起業 成果が出るまで継続できる人とやめてしまう人の違い

The following two tabs change content be …

no image
起業 創業 社長に向いている人

The following two tabs change content be …

創業時に事業計画以外に大事なこと
創業時に事業計画以外に大事なこと

The following two tabs change content be …

no image
台湾超境EC 新サービス

The following two tabs change content be …

no image
金融ブラックにならずにうまく資金を回す方法

The following two tabs change content be …

no image
フリー素材サイトで人気のダウンロード写真とは

The following two tabs change content be …

no image
会社を辞める前に複数の収入の柱を

The following two tabs change content be …

no image
創業 起業 ユーチューバーよりビジネスをしよう

The following two tabs change content be …