ネットショップ

ネットショップまとめ

更新日:

カートシステムを上手に活用するテクニックとは?

カートシステムをうまく活用するには、まずはステップメールを上手に活用しましょう。

ポイントの失効期限を通知したりキャンペーン情報を提供すれば、休眠客も集客に結びつけることができますし、定期購入していない人にポイント還元率などをステップメールで送れば、定期購入に誘うこともできます。

 

確認画面に定期購入におすすめするアップセルを入れることも、サンプル購入や通常購入の顧客が定期購入する可能性が高くなります。

 

購入後のアンケートは回答率も高いですから、サンクスページでアンケートを取ればお客さまのニーズを知って売上アップにつなげられます。

 

また、ちょっとした不便を改善するだけでも売上はかなり変わってきますから、フォームも改善するよう心がけましょう。

 

定期コースへの迷いを取り、強く勧めて誘導しよう

定期コースに入っている人の第三者の声を参考にする人は多いすし、Q&Aで安い理由を説明すると、人は納得して入りやすいです。

 

選択肢を示してから定期コースのほうがお得と誘導する方法もありますが、迷いが生じることもありますから、定期コースを強く勧めたほうが人は入りやすいです。

 

カードの請求書にチラシを入れておくと反応は大きい

カードの請求書に入っているチラシは、ポスティングや新聞の折込広告より読んでもらえる可能性が高いです。

同じカードでも料金引き落としで発行されたカードより、普段使いのカードの場合は読んでもらえる可能性は高いです。

主婦層にはスーパーマーケット発酵のカード、団塊世代にはホームセンター発酵のカードなど、普段使いのカードのチラシは読む率が非常に高いです。

 

カートシステムが重要な理由

リピート通販を成功させるためには、LTV(より長くリピートしてもらうこと)、CPA(より安く多くの新規の顧客を獲得すること)、そしてコスト(コストを削減すること)が必要です。

カートは受注決算のシステムではなくリピート通販の土台です。

業績アップしたいために広告などアプリケーションだけを考えてもうまくいきませんから、カートシステムを使ってリピート率を上げ、新規の顧客の獲得やコストの削減について考えることが必要です。

 

カートシステムの選び方は?

まずは、CPA、LTV、コストを改善することができる機能が入っているかを確認してください。

次に、最新のノウハウを実践するには機能が古くてはできませんから、カートシステムの機能は常にアップデートされていることが必要です。

もう一つ、同じ機能やサービスが提供されていてもサポートや情報がなくては成果を得られませんから、サポートや情報も不可欠です。

カートシステムは機能、アップデート、サポートを基準に選んでください。

 

ネットショップ サイトを上位表示させるには

昔はメタキーワードといって、サイトに並べたり、外部対策でリンクを張った業者もありましたが、ただ、今はこういうことは通用しないし、逆にスパム扱いになります。

 

Googleから高い評価を得られないと検索で上位表示されないのです。ユーザーの評価の高いネットショップ、質の高いショップを上位表示されるようになってきました。

 

ですから、結果的にユーザーに評価されるサイトを時間をかけてコツコツ作っていくことが大事です。毎日ネットショップを改良していきながら、徐々にGoogleに認識されるようになります。

 

テキスト数の少ないサイトは上位表示されないので、気をつけましょう。

 

キーワードの入れ方ですが、ポイントはやたらめったとキーワードを並べすぎると不自然なテキストになり、意味がないです。ですから、自然なテキストでキーワードを盛り込んでいくことが大事なのです。この検索結果はGoogleとしても発表してないが、様々なアルゴリズムが組み込まれています。

 

今は、こういったことからも、ユーザー目線でショップを作っていくことが大事になっています。

リピート通販の業績をアップするためにカートの活用方法は?

リピート通販で売り上げをあげるためのカートの使い方は、まずはステップメールなど施策の自動化を行います。

リピート通販なら顧客の対応やクリエイティブな作業以外は自動化できますから、コストを掛けず確実に実行するためにカートを利用しましょう。

そうすれば、業務も改善でき、クリエイティブな仕事へ余った時間を使うこともできます。

 

数字を見える状態にして数値管理をするだけでも業績は改善ができます。

その中でも重要なのがLTV計測です。

LTV=年間売上高÷年間顧客数
LTV=平均客単価×平均購入回数(年間)
で計算し、新規獲得のために広告にどれだけ投資していいか判断してください。

結果の数字だけで改善することは難しいですが、各回のリピート率を比べるなどすれば、具体的な問題もわかりますし、どうしたら良いかプランを立てることができます。

 

最後に必要なのは施策を改善することです。

アンケートや電話で顧客の要望を拾うことができますから、座談会などでヒアリングするなどして知り得た顧客の情報をデータベース化しすれば改善策は浮かんできます。

 

上記の多くの作業をカートシステムが自動的に行いますから、売上を安定させるためにもカートシステムを上手に使っていきましょう。

 

初心者にオススメ サプリメントビジネス

サプリメントビジネスは、利益率が最低でも50%とかなり高いですが、薬事法があって、難しいなと思う人が多いのですが、人が避けるものは逆に参入者がすくないのでチャンスです。

 

デメリットは初め作るのに、初期投資で最低でも100万はかかります。ですから、先に商品は作らず、商品が確定してから作りましょう。

まずサプリメントに興味がある人を集めて、アンケートをします。

 

たくさんいろんな種類を出してるが、作っているところは少ないです。

 

先に売れたら、今とても売れてるので、今作っているところですので、お待ちくださいと伝えたらいいです。

「サプリメント 製造」で検索すると、いろいろと出てきますよ。いくつかよさそうな会社が見つかったら、納期、対応を確認して、いいところを選びましょう。

 

面倒見のいい、無理の聞いてくれる、作ってくれるところが見つかれば、かなりいいビジネスです。

方法としては、まず、情報から売ることです。

 

例えば、美肌になるという情報を作って、それを売って、そのバックエンドでサプリを売ればいいのです。先に自分がカリスマになるといいのです。

 

情報から売れば、それを売ったお金を100万をためて、それからバックエンドのサプリを売るといいです。

 

ネットビジネス 検索エンジンの情報収集の方法

検索エンジンはどういう形で情報収集しているのか、簡単にいうと、サイトの情報収集するためのロボット、クローラーがネットショップやサイトをクローリングして、独自のデータペースにためて、集計していくということになっています。

 

できるだけ、認識してもらえるようなサイトにしていく必要があります。

 

ページの質、文字の情報、サイトの構成、外部リンクが貼られているか、内容のないサイトからリンクが貼られていてもマイナスになります。また、ページの表示速度も大事です。

 

こういったことを背景に、クローラーはいろいろな角度からチェックしています。

 

Yahooはグーグルのデータベースを使っているので、基本的に同じで、ただ1点違うのは、独自に提携している会社の情報を盛り込んだりしているというところです。

 

ですから、ヤフーというよりは、Googleに対するSEO対策が肝になってきます。

 

スマホの最適化のサイト

最近特に言われるのが、スマホの最適化のサイトです。2015/4/21からスマホに最適化されたサイトになっているかで、上位表示に大事なポイントになってきています。

 

こういったことを含めて、もちろんPC用のサイト、スマホ用のサイトの最適化をしていく必要があります。

 

今、通販ショップはスマホから決済する人がかなりの比率をしめているので、スマホ対策もしていかないと乗り遅れます。

 

ですから、よりユーザーが使いやすいサイトが上位表示されていく仕組みになっているので、その辺を意識しながら作っていただければと思います。

 


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


-ネットショップ

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.