キャッチコピーの法則について

キャッチコピーの法則について

キャッチコピーの法則とは?

お客さんはキャッチコピーから自分に合う商品かどうかを判断しますから、慎重に作らなければいけません。

キャッチコピーは役立つ情報がすぐ伝わること、読者が好奇心を抱く単語が入っていること、重要なポイントが書かれていること、お客様が焦れて次の段階に進むきっかけを作ることが必要です。

格好いい文章にしなくてもいいですし、短い文章ならいいというわけでもないことを覚えておきましょう。

 

ヘッドラインはどう書く?

人の集中力が続く5秒の間がヘッドラインの勝負です。

秘密や秘訣に奇数の数字と組み合わせてタイトルをするのもいいですし、新発売など芯という言葉をつけるのもいいでしょう。

5W1Hを使って、人に質問を投げかける効果的な方法もありますし、意外性のあるニュースを入れたり、無料を強調するのもおすすめです。

ヘッドラインには誰をターゲットにしているかを書き、根拠つきでその商品を使うとどんなよいことが起きるか書きましょう。

 

キャッチコピーはたくさん書いてから一番良い物を選ぶようにしてください。

いいと思ったコピーは一晩寝かせて改めて自分が読んで酒を読みたくなるか判断してください。

そうやって選んだキャッチコピーも商品は売れますよ。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。