会話が上手な人から学ぶ文章の書き方

会話が上手な人から学ぶ文章の書き方

相手にきちんと伝わるように話を進めよう

相手に確実に話を伝えたければ話の要点から始めて次に詳細を伝えます。

そして最後にどう対応したか本題に戻って締めましょう。

 

意見を伝えるときに理由も添えれば、相手はイエス、ノーで答えを出すだけす。

自分が主導権を握って話を進めることもできますから、「なぜなら」という言葉で始めて必ず理由も添えてください。

 

つなぎ言葉と語尾に気をつける

前の話と同じ時は「したがって」、逆の意味を伝えるときは「しかし」や「けれど」、そして話をまとめるときは「つまり」というつなぎを入れると話はわかりやすくなります。

まったく違う内容を話すときは「話は変わりますが」で始めれば素直に聞きやすいですし、一番聞いてほしいところは「ここが重要なのですが」という言葉で強調しましょう。

つなぎをうまく入れれば話に説得力が出ます。

 

語尾を明確にすることも効果的です。

事実を伝えるならば「~です。」、推測の場合は「たぶん」で始めて「だと思います」で締めます。

人から聞いた話は「~によれば」で始めて「ということです」で締めます。

語尾をはっきりさせておけば後で言ったかどうかでもめることもありません。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。