管理者の心得について

管理者の心得について

部下の望みを知ろう

部下のやる気を続かせたければ部下の考え方に共感することが必要ですから、まずは部下の考えや望みについて知ってください。

 

マズローの欲求5段階説の学説によれば、人には生存、安全、社会的、自己顕示、自己実現の5段階の欲求があります。

生存の欲求から始まって一番上の自己実現まで、人は欲求が満たされたら次の段階に上がります。

自己実現まで行き着くにはどの欲求を満たすべきなのか、部下の一人一人をよく見ましょう。

 

部下のやる気を出そう

仕事の環境や給料など物理的な不満を改善すること、そして仕事で権限を与えるなど精神的な不満を解決すれば部下のやる気は生まれます。

 

環境や給料を改善すれば確かに不満はなくなりますが満足感は満たされずやる気はほとんど変わりません。

しかし責任ある仕事を与えられるなど精神的な満足感は、モチベーションも上がって部下はやる気が出ます。

やる気を出させたいなら給料など物理的なものではなく仕事を任せるなど精神的な満足を得るものを与えましょう。

 

リーダーシップを発揮して部下を導く

リーダーは人の上に立つだけでなく部下に合わせた形で仕事を進めることが必要です。

トーマス・F・ストローによれば、新人相手なら独裁的リーダーシップ、不満や悩みがある部下には父権的リーダーシップ、チームワークが必要なときは対話的リーダーシップ、意見を持った部下には民主的リーダーシップ、自立した部下には放任的リーダーシップがおすすめです。

部下のレベルや性格に合わせて、リーダーシップの取り方を考えましょう。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。