コピーライティング

消費者の心になって考える

投稿日:

消費者の心になって考える

人間は怠慢で、面倒な道や複雑な道を使わずに最も楽で早い経路で意思を決めます。

それがヒューリテックスです。

 

脳は楽なことを一番に考え、脳は必要とする情報を見つけたら一番早いルートを伝って情報を伝えます。

ヒューリテックスを使った広告作成に役立つもっともよい方法についてお話します。

 

見込み客を感動させる方法とは?

信頼できる事実や数字が入った長い広告を読むと、人はその製品やサービスは良い情報だとみなします。

長いスピーチを聞くと聴衆者が思わず納得してしまうことと同じです。

 

見込み客を感動させるには、証言と長いコピーが必要です。

長いコピーや写真と証言入りの広告や何十枚もの写真とコメントが入ったパンフレットに、人は信頼を抱きます。

 

かつて101のサクセス・ストーリーのパンフレットを出したジェイ・シフは、写真と証言だけで多くの顧客を獲得しました。

ワークショップを宣伝するときに、「本音を言う」のタイトルでチラシを作って参加者のコメントや氏名、居住地などを載せたところ、実際に読者はそのショップに感動して興味をいだいたといいます。

 

 

-コピーライティング

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.