伝え方によってクリック率が変わる | スモビジ

スモビジ

伝え方によってクリック率が変わる

   

伝え方によってクリック率が変わる

相手が何を考えているか想像する

自分の頭に浮かんだ言葉をそのまま伝えても、相手には受け入れられないこともあります。

受け入れてもらうためには、相手にとって何が得で何をしたら喜ぶのか、相手の立場に立って言い方を考えましょう。

何かをすることでどんな利益が生まれるのか、相手の立場に立った話し方をするだけで共感は得られるものです。

 

相手の好きな言葉を探そう

同じ結果を意味する言葉でも、それが好きな言葉かどうかで相手の受け取り方も異なります。

どんな言い方をすれば相手の方は購入してくれるのか、相手が好きそうな言葉を頭で思い浮かべながら文章を作れば、納得してもらえるまでは近いです。

 

相手に選択の自由を与えよう

行動してほしければ、2つの選択肢を与えてどちらがいいかという尋ね方がおすすめです。

選択肢が一つしかなければ相手も押し付けられた感じで嫌になりますが、2つ選択肢があったことで自分の意志で選んだという気持ちが出ます。

また、2つの選択肢はどちらも自分が提案したことですから、提案した方も意見を聞いてもらったという気持ちが出て、お互い満足が得られます。

 

 - コピーライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事