ネットビジネス 検索エンジンの情報収集の方法 | スモビジ

スモビジ

ネットビジネス 検索エンジンの情報収集の方法

   

ネットビジネス 検索エンジンの情報収集の方法

検索エンジンはどういう形で情報収集しているのか、簡単にいうと、サイトの情報収集するためのロボット、クローラーがネットショップやサイトをクローリングして、独自のデータペースにためて、集計していくということになっています。

 

できるだけ、認識してもらえるようなサイトにしていく必要があります。

 

ページの質、文字の情報、サイトの構成、外部リンクが貼られているか、内容のないサイトからリンクが貼られていてもマイナスになります。また、ページの表示速度も大事です。

 

こういったことを背景に、クローラーはいろいろな角度からチェックしています。

 

Yahooはグーグルのデータベースを使っているので、基本的に同じで、ただ1点違うのは、独自に提携している会社の情報を盛り込んだりしているというところです。

 

ですから、ヤフーというよりは、Googleに対するSEO対策が肝になってきます。

 

スマホの最適化のサイト

最近特に言われるのが、スマホの最適化のサイトです。2015/4/21からスマホに最適化されたサイトになっているかで、上位表示に大事なポイントになってきています。

 

こういったことを含めて、もちろんPC用のサイト、スマホ用のサイトの最適化をしていく必要があります。

 

今、通販ショップはスマホから決済する人がかなりの比率をしめているので、スマホ対策もしていかないと乗り遅れます。

 

ですから、よりユーザーが使いやすいサイトが上位表示されていく仕組みになっているので、その辺を意識しながら作っていただければと思います。

 

 - ネットショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事