電脳せどりはなぜ稼げるのか | スモビジ

スモビジ

電脳せどりはなぜ稼げるのか

      2016/02/14

電脳せどりはなぜ稼げるのか

価格差は需要と供給のバランスが崩れる場合に起こります。

 

国内転売の価格差は、国内で仕入れて国内で販売するのであまりないと思いますが、ネットだとプレ値の商品が見つかりやすかったり、需要と供給のバランスが崩れる場合があるので、卸でなくても小売りから小売りの販売でも価格差が出やすいです。

 

あとは顧客の購買パターンによっても、価格差が生まれたりします。

 

お客さんのパターンとはアマゾンはすぐに欲しい人が買う、ヤフオクは遅くてもいいから買いたい人、楽天のブランドがあるので、安心して買いたい人というような特徴があります。

 

ヤフオクがどんなに安くても、楽天が安心して買えても、私は多少高くてもそこまで調べずにアマゾンで買ってしまいます。

 

ところが、女性は楽天で買い物する人が多いようです。楽天のほうがちゃんとしてそうというような、適当な理由のようです。

 

ですから、それぞれにメリットデメリットがあるプラットフォームがあるのですが、なんとなくでもそこで買おうという人も、そこで買っているので、価格差が生まれやすいのです。

 

ネットでの国内転売、せどりという小売りから小売りの転売でも、十分に利益を取ることができるし、商品を見つけやすく購入しやすいので利益が取りやすいというわけです。

 

電脳せどりの始め方 口座開設と仕入れについて

楽天銀行などネットで操作できる口座を作ろう

在宅で仕事をしてお金を管理するためにはネットで操作できる口座を持ってください。

楽天銀行ならばスマホからも操作できるためにPCが近くにない時でも銀行振込が可能です。

楽天銀行はポイントを貯めることもできますから使い勝手も良いです。

仕入れの方法は?

商品の仕入はネットを通じて行いますが、ヤフオク!は無料でアカウントを作成することもできます。

ヤフオク!のアカウントができたら仕入れに入ります。

まずはAmazonのページを開いて、せどりをしたければおすすめの中古家電を調べてください。中古家電は大きいものを扱うよりもオーディオ機器やパソコン周辺機器、ゲーム機の中から自分の好きなものを狙いましょう。

せどりは安く買って高く売ることが目標です。仕入れや販売の相場はオークファンやモノレートのホームページを見ればわかります。

相場がわかったらFBA料金シュミレーターでAmazonに出品した時の収支を計算して儲けがいくらか計算してください。

 - 電脳せどり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
アマゾンで売れる商品をメルカリなどの電脳で 探すには

The following two tabs change content be …

no image
電脳せどり 特徴とメリット

The following two tabs change content be …

no image
メルカリ・ヤフオクで仕入れてアマゾンで販売

The following two tabs change content be …

no image
少ない資金で爆発的に稼ぐ予約転売のノウハウ

The following two tabs change content be …

no image
楽々仕入れ電脳せどり【日刊スモビジ】

The following two tabs change content be …

Amazon自動刈り取りシステムの簡単構築
【Camelcamelcamel】Amazon自動刈り取りシステムの簡単構築

The following two tabs change content be …

no image
【日刊スモビジ】イベント&電脳せどり等

The following two tabs change content be …

no image
グローバルオークファン国内転売

The following two tabs change content be …

家電メーカー直営店 せどり
家電メーカー直営店 せどり

The following two tabs change content be …

no image
電脳せどりで稼ぐには情報をキャッチする

The following two tabs change content be …