ライティングの基礎 ライティングのテクニックとは? | スモビジ

スモビジ

ライティングの基礎 ライティングのテクニックとは?

   

ライティングのテクニックとは?

文章が頼りないものにならないように、はっきり言い切りましょう。言いたいことがたくさんあったとしても、主題以外のものは省いて言いたいことだけに絞ってください。

 

一文が長すぎると書かれたことを覚えながら先を読むために頭が疲れますから、短く切ってください。短くしたことで読者が読みやすくなります。

 

ストーリーを語るときは5W1Hが大事です。Who(誰)とWhat(何)にどうしたという述語を付けて言いたいことをはっきりさせましょう。

特技や長所を語る時など属性を述べるときは、終わりに「事」で受けると文がわかりやすくなります。

 

文章の前半と後半を噛み合っているか確認するときは、最初と最後だけを読んで意味が通じるか確かめてください。目的語と述語が咬み合っているかもチェックすることも必要です。

 

文章には能動態と受動態がありますが、自分から他に働きかけるときは能動態、他から働きかけられるならば受動態と、しっかり書き分けるようにしてください。

仮定と結果は、「こうすれば、こうなる」という関係ができているか確かめましょう。

 

文が浮かないためには、必ずどの文にも受けの文を作ってください。

述語は共用できる場合とできない場合があります。

あれもこれも食べたいなど、どちらも同じ述語で受けられるなら共用できます。しかし、同じ述語で受けられない文なのにも関わらず、無理やり一番最後の言葉に合わせて述語一つだけで文を終わらせないでください。

 

 - コピーライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事