朝活と夜の関係性

朝活と夜の関係性

朝型の生活にするには、前夜をどのように過ごすかがポイントです。

 

特に睡眠をとることです。長く寝ればいいということではなく、質のいい睡眠を取りましょう。

 

なかなか寝付けない、時間がかかるなど、これはあまり質はよくないですね。

 

すぐに寝られたら、質の良い睡眠ということになります。すぐ寝るには、リラックスが大事です。

 

これは人によって違いますが、

・ゆっくり湯船につかってから寝る

・体をストレッチして寝る

・お気に入りの音楽を聴く

・お気に入りのビデオを観る

・ラジオを聴く

・アロマをたく

・読書する

・電気を暗くして寝る

 

上記以外でも、自分がリラックスできれば、寝る前に継続してされることをオススメします。

 

気をつけたいのは、飲食はしないことです。寝る前の飲食はよい眠りを妨げます。

 

寝る前の飲食は、体が胃の消化に集中します。質の良い睡眠は、胃の消化が終わって、睡眠に集中できるようにしておきましょう。

 

とはいえ、お腹がすきすぎて我慢するのは、良い睡眠の前に眠れないこともあるので、アルコールやカフェインや、冷たいものはよい睡眠をできません。常温の水や白湯、はちみつを入れたあたたかい飲み物など、体によいものを少し取ってから寝ましょう。寝る直前はやめてくださいね。

 

こんな感じでリラックスして、よい睡眠をすることで、朝型の動きをよくすることができます。

 

このサイクルを作っていくことで、生活のリズムをよくしていきましょう。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。