リライトとは? | スモビジ

スモビジ

リライトとは?

   

リライトとは?

他人の記事をそのままどこかに載せることは著作権違反ですから、自分の言葉でリライトすることは必要です。

自分で考えた記事だけでは足りないことも多いですから、他の人が書いたものを自分の言葉で書きなおして情報を求めている方に配信しましょう。

 

文章の語尾を言い換える、または段落の入れ替えや方言を使うだけではリライトは不完全です。

メルマガやブログなどに応用するためにも著作権違反に引っかからない方法を勉強しましょう。

 

文章の入れ替えや置き換え

文章の前後を入れ替えるだけで文章は違ったものになります。

読者がなぜ?と先を読みたくなるような文章にするために、最初に「なぜなら」から入って理由付けの文章を作り直します。

自分の言葉で伝えるだけですから特に難しく考える必要はありません。

 

単語を置き換えよう

文中の単語は同じ意味の違う単語で置き換えましょう。

同義語を考えることは難しいですが、シソーラス類語辞典を利用するとすぐに適した言葉が出てきます。

 

同義語を使って別の単語や言い回しをする方法は、リライトで最もよく使われている方法です。

リライトの方法 頭のなかで置換しよう

この方法は少し難しくなりますが、元記事を読んだらあとは読まないで記事を作っていくリライト法です。

元の文章を読まないほうが、自分の言葉に置き換えることは簡単です。

この置換方法を使っていると、そのうち自分の言葉で自分の記事がかけるようになります。

リライトのスピードも上がり知識も身に付けますから、リライトをする中で自分の得意分野を作ってください。

組み合わせ方とは?

まずはテーマや言いたいことが同じ記事を幾つか組み合わせて1記事を作ります。

それができればリライトは完璧です。

無料レポートの中で伝えたい事を自分の言葉で説明します。

ネタを合わせすぎるとわからない文章になりますから、3つにしぼりましょう。

このリライト法はリライトにだいぶ慣れてからお試しください。

結論をイメージしながら自分の言葉で表現していこう

結論がぶれれば文章はわかりにくいですから、基本は元の文章をしっかり読んで伝えたい事を自分の言葉で書くことです。

文章はたくさん書けば上達しますから、何がいいたいのかを理解してから自分の言葉で書き表すようにしてください。

そのうちどんな文章をリライトしても自分のものにすることができます。

まずは伝える人にわかりやすいリライトの文章作りに精を出してください。

 - トレンドアフィリエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事