OEM商品をつくる場合の香港貿易発展局 HKTDCの使い方

OEM商品を作る場合、HKTDCのネットを使ってする場合は、選んだメーカーのサイトの商品を、サイズ変更したり、何かをプラスしたりと選んだ商品をもとにしての少しの変更ですので、そんなに難しいことではありません。

当社のように、HKTDCに掲載されている商品を使わずに、全くのオリジナル商品を作る場合は、HKTDCのサイトから入らず、選んだメーカーの担当者に直接コンタクトを取って取引をしたほうがこちらの望む方向にもって行きやすいと思います。

 HKTDCから入りますと、そのサイトに載せている商品、条件が基準となりますので、
サイトに載せている商品を使ってのOEM商品を作る場合は勿論ベストですが。

当社のように日本に輸入されていない独自の商品を作る場合は、HKTDCから入りますと
動きにくく、
HKTDCに登録の業者を選んで、直接担当者に連絡を取って取引を始めたほうが良いです。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。