アマゾンに商品を出品する方法 | スモビジ

スモビジ

アマゾンに商品を出品する方法

      2015/06/14

The following two tabs change content below.

この記事では、アマゾンで商品を出品する方法を解説します。商品を出品する際、業界用語で「相乗り出品」と「新規出品」の2種類がありますが、今回は最も簡単な「相乗り出品」について解説します。

 

アマゾンに出品する商品の情報

 

アマゾンに商品を出品をする場合、出品する商品の情報を仕入れの際にメモしておく必要があります。商品を見てしまえば、わかるのですが、1個1個商品を見ていくのは非効率ですので、下記のいずれかの情報を仕入れの際にメモしておくといいでしょう。

 

例えば「SONY サラウンドスピーカー」を販売するとします。この「SONY サラウンドスピーカー」には、様々な情報があります。

 

1.商品名

⇒ 商品の名前です。 

 

2.商品型番

⇒ 商品の型番です。

 

3.JANコード

⇒ 商品のバーコードに書いてある13ケタの数字です。 

 

4.ASINコード

⇒ Amazon専用のバーコードです。 

 

 

カタログ検索で出品する

 

アマゾンの相乗り出品で、出品する方法は2種類あり「カタログ検索から出品」する場合と「商品ページから出品」する場合があります。この章では、カタログ検索で出品する方法を解説します。

 

セラーセントラルにログインする

 

アマゾンのセラーセントラルにログインして、セラーセントラルの「在庫」タブの「商品登録」をクリックします。

 

 

先ほどの4点のいずれかを入力し、商品を検索します。

 

 

基本的には「ASINコード」か「JANコード」か「型番」をおすすめします。メモから、コピーして貼り付けましょう。

 

 

このように1つの商品だけが出てきて、その商品に問題なければ、そのまま「出品」をクリックして次に進みます。

 

・商品がいくつか出てしまう

 

ただし、下記の様に、何点か商品が出てきてしまった場合は、しっかりと自分の目で見て、間違わないように出品しましょう。

 

 

 

・メディア系商品が表示されない

 

CD、DVDなどの商品に多く見られますが、通常版、初回限定盤、初回プレス盤、など同じJANコードで複数の種類の商品がヒットする場合があります。その場合も、今一度、自分の目でしっかりと確認し、間違わないように出品しましょう。また、JANコードを入力しても、商品がヒットしない場合は、ASINコード、型番、商品名など、他の情報を入力すれば、商品は出てきます。

 

 

アマゾンの商品ページから出品する

 

こちらは、とても簡単で、仕入れの際にURLをメモしていた場合、その画面から赤枠の「マーケットプレイスに出品する」というボタンを押せばOKです。

 

 

 

出品ボタンを押した後

 

「カタログ検索で出品」もしくは「商品ページから出品」で出品ボタンを押した後、どちらも商品情報入力画面が表示されます。

 

※関連動画解説 Amazonに商品を出品登録する方法

 

上から順番に解説していきます。

 

・出品者SKU

この出品者SKUとは、こちらで自由に設定できる商品識別記号です。設定しなくても(未記入)問題ないのですが、商品が多くなってきた時に、慌てないように、最初からある設定のクセをつけておきましょう。

 

2015年5月21日に出品開始、ヤマダ電機新宿店で2800円で購入

↓↓↓

150521yama-sin2800

 

2015年12月2日に出品開始、タオバオ400円で購入

↓↓↓

151202tao400

 

特に指定はありませんが、このように書いておくと、後々とても助かります。是非、商品が少ないうちから、癖つけておいてください。もう一度言いますが、面倒であれば、入力しなくても構いません。

 

 

・コンディション

 

新品

再生品

中古(ほぼ新品)

中古(非常に良い)

中古(良い)

中古(可)

 

この5種類がありますので、適切なコンディションを選んでください。また、下記に基準を乗せておきます。ほとんどの場合、新品でしょうから「新品」を選びましょう。中古の場合は、しっかりと状態を選びましょう。

 

 

 

・コンディション説明

 

ここに、コンディション説明を詳細に行えます。新品の場合と中古の場合で重要度が変わりますので、解説します。

 

FBAを利用した通常の新品の場合

 

基本的には、全て同じ文章で大丈夫です。あらかじめ定型文を作っておいて、それをコピーして貼り付けて使いましょう。

 

***ここから***

日本全国送料無料!お急ぎ便対応!年中無休でAmazonが発送致します。コンビニでの受け取りも可能。ご決済は、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払い、代引きが利用できます。

***ここまで***

 

上記の文章を参考に、その他の出品形態であれば、臨機応変に対応してください。ポイントとしては、下記に注意してください。

 

1.商品の状態を説明しなくてもいいですか?

 

新品の場合は「箱にキズがある」「箱に汚れがある」

中古の場合は「付属品が欠品している」「使用感がない」

 

2.特筆してアピールすることはないですか?

 

初回限定盤です!おまけがついています!綺麗にクリーニングを行いました!プレゼント用包装をしました!

 

3.FBAでない場合はできることを書きましょう。

 

クレジットカード、銀行振込に対応しています。

 

4.保証書に印はありませんか?

 

メーカー保証は〇〇年◯月◯日までです。

 

難しく考えず、ありのままに書いておけば大丈夫です。

 

・価格設定

 

1.FBA出品者が既にいて、自分もFBA出品の場合

 

FBAで出品する場合は、FBA出品者の最安値と同じ値段に設定します。

 

2.FBA出品者がいない状態で、自分がFBA出品する場合

 

他の出品者に合してもいいですし、3%程値段を高くしても売れますので、その範囲内で、値段を設定しましょう。

 

3.FBA出品者がその他の出品者と比べて極端に高額な場合

 

モノレートなどを見て、いくらで売れるのかを確かめて、適正な価格に設定しましょう。

 

4.自社発送の場合

 

全体の最安値に合わせましょう。

 

5.Amazon本体がいる場合

 

 

こう言った場合は少し、面倒です。なぜかというと、Amazonがいる場合、値段をこちらが大きく下げないと、Amazonばかり売れるからです。おまけに、値段を下げたら、ある程度まで、Amazonも自動的に同じ値段に下げて追ってきます。

 

一番いいのは、Amazonが売っている商品は扱わないか、相当安く仕入れられる場合のみ仕入れるがオススメです。ただし、商品を仕入れた後に出現する場合があります。そんな時は、Amazonの在庫が切れるのを待つか、Amazonよりも値段を下げていって、追いかけてこなくなるまで、値段を下げましょう。キングボンビーみたいなものだと思ってください。

 

 

6.定価より高く売る場合(プレ化、プレミア価格)

 

定価より2500円以上高くしてしまうと、ショッピングカートが取れない状態になります。ただ、自分以外の出品者も高くしているのであれば、どっちにしろその値段でしか買えないので、お客様は買っていきます。

 

 

・ギフトオプション

 

FBAの場合は設定しましょう。お客様がギフト梱包をして欲しいと言えば、Amazonが勝手にやってくれますので、用途が増え、売上が上がります。チェックするだけなので、しておきましょう。

 

ただし、自社発送の場合は自分でしなければいけないので、気をつけてください。

 

・支払の方法オプション

 

クレジットカードや、銀行振込の他に、代金引換、コンビニ支払いなどの支払い方法で購入することが可能になります。こちらも、FBAであれば、単純に売上が上がるだけなので、設定しましょう。

 

ただし、自社発送の場合、代金引換、コンビニ支払いを自分で用意しないといけませんので気をつけてください。

 

・出荷方法

 

出荷方法は基本的に「自己発送」を選んでください。FBA納品する場合でも、自己発送を選んでから、あとで一気にFBAの設定をすれば効率的です。FBAを選んでしまった場合、1個1個FBA設定をしなければならず、非効率です。出荷方法は基本的に「自己発送」を選んでください。

 

全て完了すると、「保存して終了」ボタンが押せるようになりますので、押すと、出品完了です。

 

↓↓↓

 

 

以上、アマゾンに商品を出品する方法でした。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 - Amazon出品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の質門と回答

  1. 匿名 より:

    楽天のサイズとか色とか選ぶ部分ですが

    本当に欠品しているのも有るでしょうけど

    本当に全て在庫が有ったんでは無いと

    思われ・・・

    他でも応用して良いものであれば

    仕入た物以上のバリエーションが

    出品可能(かな?)

    例 A B C D とバリエーションが有る商品で

      A=メーカー取り寄せ オーダー後 7~10日

      B=在庫有り    即日出荷

      C=在庫有り    即日出荷

    D=メーカー取り寄せ オーダー後 7~10日

    大好評につき・・(何て^^)

    出品先による部分も有るでしょうけど

    今、思いついただけなので

    マズいよ それ!! と言う

    お考えがあれば 御指導ください。

  2. 匿名 より:

     【重要】商標権についてAmazonの規約変更 
    のメールについての質問です。

    ↓この2の“自社の商品に似た商品ページ”というのが良く分からないのですが
    教えていただけますでしょうか。

    2.自社の商品に似た商品ページ全てに「出品者在庫」として出品して下さい。
    また、売れた場合はマルチチャンネル発送で送るようにして下さい。

  3. 匿名 より:

    僕は他社の出品ページにもどんどん出品しましょう!
    と理解しました。

    商標権取得中とかって嘘ついて出品してる人もいるようなので、
    そういうのは無視していいわけですし、
    それより今ある在庫品を早めにさばいてしまって、次のOEM化?に対応できるようにしたほうがいいのかと。

  4. 匿名 より:

    なるほど、OEMのことまで考えると、そう理解できますね!

    自分の理解力な無さは悲しいですが、こうして質問すると
    賢い人が教えてくれるので、とてもありがたいです(*^▽^*)

    テクニカルサポートのデキル人みたい(笑)

    本当にありがとうございました!

    • ↓この2の“自社の商品に似た商品ページ”というのが良く分からないのですが
      教えていただけますでしょうか。

      >まあ、同じ商品という解釈でもOKです

      2.自社の商品に似た商品ページ全てに「出品者在庫」として出品して下さい。
      また、売れた場合はマルチチャンネル発送で送るようにして下さい。

      >強制ではないですよ!どうせなら出しちゃったほうがお得!という感じです。

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事