翻訳サイト 比較 8 精度を上げるコツと使い方 | スモビジ

スモビジ

翻訳サイト 比較 8 精度を上げるコツと使い方

      2015/07/26

翻訳サイトとは、その名の通り、世界各国の言語を自動で変換してくれるサイトです。わからない英語があれば日本語に変換し、日本語を中国語にしたければ、変換できます。

 

これさえあれば、全く言語がわからなくても、今日この瞬間から、世界各国の個人・法人と組んでビジネスなどができます。実際に弊社では、中国語・英語・フランス語・韓国語など一切わかりませんが、中国に支社を持ち、現地従業員を雇い、フランス、アメリカ、韓国などのメーカーの日本総代理店を任されています。

 

ですから、この翻訳サイトがあれば、簡単に世界とつながることができるようになります。

 

翻訳サイト 比較

 

まずは、国内でよく使われる翻訳サイトを紹介します。

 

グーグル翻訳

80以上の言語に対応。早さもダントツの1位。

 

 

対応翻訳言語

 

 

エキサイト翻訳

最も古い翻訳サイト。対訳表示、マイ翻訳、再翻訳、翻訳を保存などの機能が充実している。

 

対応翻訳言語

 

Infoseekマルチ翻訳(楽天)

 

 

対応翻訳言語

 

weblio翻訳

辞書をもとに開発された翻訳サイト。75種類の英和辞典・和英辞典、464万語の英語と508万語の日本語、合計約972万語を一度に検索可能。現状、日本一の精度を誇る。

 

 

対応翻訳言語

 

@nifty翻訳

 

 

対応翻訳言語

 

Yahoo!翻訳

 

 

対応翻訳言語

 

翻訳まとめツール

 

まとめて上記のサイトで翻訳してくれるツールがあります。

 

ほんやくまとめ

 

 

対応翻訳言語

iPhone版もあって便利です。

 

読むだけでした、ここまで紹介した翻訳サイトで十分理解できます。「なんとなくわかる」が、翻訳サイトを使い「翻訳された日本語」を見る度に「翻訳された日本語を読み取るプロ」になることができます。

 

現在は、メール一本で世界中の人とコンタクトが取れますから、この素晴らしさに気づいて、どんどん繋がればいいなと思います。

 

メールでやりとりする際の翻訳のコツ

 

・とにかくシンプルに伝えること

・敬語を使わないこと

・頻繁に改行を繰返すこと

 

機械翻訳なので、少しでも変な文法があれば、おかしな翻訳になります。ですから、文法をできるだけ使わず単語で伝えましょう。

 

基本的に、アジアも欧米も、日本のように丁寧な文章はいりません。そんなに丁寧な文章が必要な取引を行える企業は、既に英語が話せる社員がいるはずです。

 

まだ、雇うタイミングではないと感じているなら、簡単な英語で対応して良い規模の取引先だと考えて下さい。

 

英語以外の言語に翻訳するコツ

 

輸出をやられている方は、英語以外に、Amazonが展開している、フランス、ドイツ、イタリア、など、英語圏以外のお客様と対話しなければならないと思います。普通にその外国語を選んでもいいのですが、精度を上げるのでしたら、一度英語に翻訳してから、多言語に翻訳しましょう。

 

なぜかというと、英語が中心となって翻訳機が作られていますので、飛ばしてしまうと、どうしても精度が落ちるのです。

 

ドイツ  ⇒ 英語 ⇒ 日本

日本 ⇒ 英語 ⇒ フランス

 

このように、英語をはさむことで精度は格段に上がります。

 

 

弊社の実際の取引の一例

 

中国の企業にある製品を頼みたかったので

 

中国の企業のその商品を扱っている会社のホームページの「Contact us(お問い合わせのこと)」に、チャットがあったので、チャットを開いてからの会話。

 

弊社:URL(楽天でその商品を売っている店があったので楽天のURLをいきなり貼り付ける)

stock?

now pay

please discount

 

相手:なんだかディスカウントは100個からとか言ってくる

 

弊社:

相手:どこの会社?と聞いてくる

 

弊社:

 

相手:どれくらい?と聞いてくる

 

弊社:

相手:わかった、表示価格で送料無料でどう?

 

弊社:

 

とても簡単な英文です。

 

 

翻訳サイトで再翻訳を何度も繰り返し精度を上げる

 

もう一つ、綺麗な文章を翻訳サイトで作るコツです。それは、日本語から英語へ翻訳。その後、英語から日本語へ翻訳。おかしいところを直して、もう一度日本語から英語へ翻訳。

 

綺麗になるまでこれを繰返すのです。

 

逆翻訳します。

 

おかしいところ区切りました。

 

さらにおかしいところだけ編集します。

 

 

とまあ、これで納得の行く文章までたどり着けます。

 

おまけ関連動画

翻訳サイト対決 大手3社 Google Yahoo excite

 

 

 - Amazon 輸出, BUYMA(バイマ)販売, パソコン入門, 中国輸入, 欧米輸入, 輸入仕入先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事