中国輸入は季節商品で即日儲けよう | スモビジ

スモビジ

中国輸入は季節商品で即日儲けよう

   

中国輸入で早く結果を出したい場合は、季節商品をメインでリサーチすると、稼ぎやすいです。特に新規出品を行っている場合は、季節商品を狙うだけで誰でも確実に結果を出すことができます。新規出品の練習などには、とても適した商品群となります。

 

中国輸入は季節商品でリスクヘッジと大儲け

 

ランキングがいくら良くても、下記の場合は一気に売れなくなります。

 

1.ハロウィンが終わった後の、ハロウィン商品

2.iPhone6が発売した後のiPhone5ケース

 

この辺は「新規出品」のカリキュラムで詳しく話しますが

 

商品には

 

・通年商品

1年中売れる商品 例:ドライブレコーダー、スピーカーetc

 

・ブーム商品

新機種などが発売された後、周辺機器など 例:iPhoneケース、Dysonの周辺機器etc

 

・季節商品

春夏秋冬の季節に合わせて売れる商品 例:レインコート、扇風機etc

 

この中で、季節商品とブーム商品には気をつけましょう。これの見分け方を簡単に説明します。これから売れる、これから売れなくなる、がよくわかりますので、稼ぐためにも活用しましょう。

 

 

グーグルトレンドで季節商品を探し出す

 

このリサーチには、Googleトレンドを使います。※いつも使っているGmailのアカウントでログインしましょう。

 

赤枠に調査したいキーワードを記入し、検索をクリックします。

 

すると、上図の様な表が表示されますので赤枠をクリックして期間を「12ヶ月間」選択します。

 

すると、上図のように、過去1年間のそのキーワードの検索結果が表示されます。これとAmazonでの売行きはかなり似通っていますので、感覚としては、この通りに売行きが推移すると考えて下さい。

 

上昇期、ピーク、下降期が手に取るようにわかりますね。しかも、カーソルを合わせると、1週間起きの日付が書いてますので、それを基準に準備や撤退時期を組んでいくといいでしょう。今回は「加湿器」という季節商品でしたが、次は「iPhone5」。季節ではなくブーム商品を見てみましょう。

ブーム商品では、1年では足りない可能性がありますので、期間を長期に設定しましょう。今回は「2004~現在」に絞ってみます。

 

これも面白いですよね。2011年あたりに発売が発表されたのでしょう。そこから徐々に話題を呼び、発売時期にピークへ、そこから徐々に下降し、次のブーム「iPhone6」に受け継がれていくと。そういう流れが手に取るように分かりますね!

 

これらを参考に、参入・撤退時期をしっかり調整しましょう。

 

グーグルトレンド解説動画

 

 

 

 

 

 

 

 - 中国輸入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の質門と回答

  1. 匿名 より:

    扱う商品には季節商品、通年商品、ブーム商品とあると思うのですが、

    各商品、月にどれ位の数を販売出来ればOKなのでしょうか?

    基準にすべき数がもしあれば教えて下さい。

    ちなみに季節商品であれば、季節商品全体での販売数ではなく、

    季節商品として扱う商品の中の一つの商品の月の販売数の事です。

    回答お願いします。

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事