アメリカアマゾン(米Amazon.com)FBA納品して販売・出品 | スモビジ

スモビジ

アメリカアマゾン(米Amazon.com)FBA納品して販売・出品

   

FBA について

 

まず、FBAについてご説明しますと、Fulfillment by Amazon の略で、簡単にいうと、商品をamazon.comの倉庫に納品して、注文があったら、Amazon が販売者の代わりに梱包・発送・顧客対応等行ってくれる便利なサービスです。

 

このサービスを利用するには、アメリカにある Amazon の倉庫に、日本から商品をあらかじめ送っておいて、注文があったらアマゾンの方で梱包から発送、受注管理まで行なってくれる便利なサービスです。つまり、一度納品すれば、自動的にamazon輸出ビジネスができるサービスです。

 

資金と商品選定ができれば、かなり画期的なサービスになります。

 

FBA のメリットとデメリット

 

FBA のメリット

1. 先ほどもご説明したように、梱包から発送、受注管理まで、アマゾンが管理してくれるので、かなり手間が省けます。
2. Just Launched(出品してすぐ)の状態でも、Featured Merchantsに表示され、わりとカートが取れます。
3. 出品者からの出品より、価格もやや高めでも売れます。
4. 在庫の数が把握できるので、出品数の把握が必要ない。
5. 世界中に発送することができる。
6. アマゾン以外の、他のサイト(ネットショップなど)からの注文の発送できます。

 

FBAのデメリット

1. はじめに納品するので、仕入資金が前もって必要
2. FBAからの販売ということで、購入者側からの信用が高い。
3. 在庫として、費用がかかる。
4. FBA倉庫直送で、ちょっとハードルが高い。
5. 納品まで時間がかかり、アマゾンではどんな理由でもすぐに返品できるようになっているので、返品リスクが高い。

 

FBA シミュレーターの使い方

 

FBA 納品する際の手数料を調べると自己出品よりも、手数料が少しだけ高いことが分かります。

 

以下で、こちらはアマゾンのFBAシュミレーターの使い方をわかりやすくご説明していますので、どうぞご確認ください。

 - Amazon 輸出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事