プレスリリースは全てのビジネスを昇華させる

プレスリリースは全てのビジネスを昇華させる

プレスリリースで多くの会社が昇華されるのを見てきた。どれだけ素晴らしい製品・サービスでも知られなければ広まらない。

 

広まらなければ儲からない。儲からなければ継続は厳しくなる。そうすれば、素晴らしい製品・サービスは消えていく。素晴らしい製品・サービスは大切だがそれ以前に「食う」ことが重要である。

 

そこで、プレスリリースは非常に強力な力を発揮する。広告はお金がかかるが、プレスリリースはかからない。的確な方法で、的確なタイミングでことを運べば「素晴らしい製品・サービス」はどんどん広げることができる。

 

大前提として「素晴らしい」ものは必要である。それは、この創業のススメを勉強すればわかるだろう。なにか頑張って作ればいい。それでは、本題に入る。

 

プレスリリースの正しい順序

1.地方新聞・業界誌(雑誌・新聞)

2.4大新聞・全国誌(雑誌)

3.TV番組

 

1・2・3の順番で掲載されるように動いていくのが基本になる。関門と捉えてもらえばわかりやすい。

 

プレスリリースが採用されるには

では、どうすれば、プレスリリースを伝えることができるのか、知ってもらいアクションしてもらえるのか。

 

1.記者が興味湧く原稿

2.FAX先をリストアップしてFAXする

3.FAX後、郵送する

 

プレスリリースの記者に刺さる書き方

プレスリリースのポイントは「一瞬で興味を引く」ことである。プレスリリースの構成は下記の手順を参考にしていただきたい。

 

熱い自分の思いを真実として伝える(客観的はダメ)

・メインタイトル(サービス・商品の強み)

・サブタイトル(メインと合わせて3行)

・リード文(5行)

・箇条書き+写真(図で解説)

・連絡先(電話番号、FAX、住所)

・担当 (別の人)社長自らはダメ

・下記を書いておくと確立UP!

レポーターの取材体験OK

スタジオの実演可能

会社の地図をFAXで送ります

 

記者からの問合せ対応

 

これらの質問は対応できるようにしておこう。

 

・商品の特徴「独自性」

・商品は誰に向けたものか

・その商品の生まれたストーリー

・その商品はユーザーどのような変化をもたらすか

・その商品の購入者の感想

 

本日はここまでにしておいて、次回以降もう少し踏み込んだ話をしようと思う。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。