起業するには

起業まとめ

更新日:

一人起業、独立起業

脱サラする前に必ずやるべきことは、自分メディアを作って、それを育てておくことです。

独立起業する際には、顧客を獲得していく力とあなたのサービスを買ってくれる見込み客を集めなければなりません。

 

情報を発信する媒体、自分のメディアのホームページ、ブログ、Facebook、ツイッター、メルマガ、Youtubeを作っておきましょう。

 

これらの自分メディアを作ってしっかりと成長させておくことがとても大事です。

 

独立してから作るのでは遅いです。

 

独立前に作っておけば、独立起業後に集客に困らないので、リスクを減らすことができます。

 

本当の意味の起業とは

仕事の仕を志の時に置き換えて考えると、「志」という字は、十と色を一つにする心と書いて、こころざしと読みます。

 

ですから、自分自身がこの人生において、何をしていくのか、というこ戸を大事にしていただきたいのです。

 

10人いたら、その人たちがいいねというような、自分にしかできないようなことをやるというのが、志の本来の意味となります。

 

それを仕事にして、どうやって社会に貢献し、人に喜んでもらえるのかを考えることが大事です。

 

起業家として独立するということだけではなく、どんな仕事でもこれが自分の仕事だと思って、それを社会的に役出たせて、多くの人に喜んでもらうことが大事です。

起業するには1日1改善だけで良い

起業をしようと思いながら、なかなか行動に移せない方も多いと思います。

そこで、今回は起業するためには、1日1つ取り組んでいったら、成果につながっていくということをご説明します。

起業をしたことがない人は、企業をするのに、きちんとしたアイディアがいるのではないかと思っていて、そのアイディアを考えてもなかなか見つからず、起業をあきらめるという方が多いようです。

ですが、まず起業するには、何かをやってみて、失敗したら、1日1つでも改善していくことで、それが結果へとつながっていきます。

 

起業するには 起業するなら何かに特化する

ホントになんでも特化して一番になったら、起業できます。

特化したほうが特色が出るし、自分のための商売、サービスだと思っているから、成功しやすいですよ。

東京には2百万人の人がいるけど、私は数千の人だけをターゲットにして商売をしています。

今回ご紹介したいのは、今読んでいるぬいぐるみ旅行専門店の本。自分のぬいぐるみを送ると、そのぬいぐるみが旅行している動画を送ってくれるそうです。おもしろいですよね。

つまり、自分の好きなことを追求したらなんでもしょうばいになるということなのです。

ですから、ホントにそれができる人はそんなにいないけど、起業するなら自分の特色を出して、特化していくことが大事なんです。

 

起業するには はじめて起業する人のビジネスモデルとか?

あなたのビジネスは誰に何を提供していますか?

ビジネスモデルとは、誰がどうなるということを考えていただくと分かりやすいと思います。

ターゲットはできるだけ理想のお客さんを考えてください。その理想のお役様がどんなことでなやんでいるか、その悩みを解決してどうなるのか。

例えば、より質の高い音楽を求める方にとって、iPod/itunesは、自分のすべての音楽コレクションを持ち歩き、どこでも聞くことができます。

また、ユニクロですと、カジュアな洋服を、気楽に高品質、しかも低価格で購入することができます。

このように、ご自身のビジネスを購入していただきたい理想のお客様を、具体的にイメージしたビジネスをビジネスモデルとして見ていきましょう。

起業するには 独立・起業する前に貧乏旅行をすると成功確率が高まるのか?

独立起業するときに、本当に生活がやっていけるのかどうか、売り上げがあがるかどうかということを考えると思います。

特に家族があるかたは、特に路頭に迷わせないようにと思うと、不安や恐怖がおそってきて、エネルギーロスが生じて持っている力が出し切れない等ということがあると思います。

ところが、起業する前に貧乏旅行をすると、お金がなくても自分はやっていけるんだと思えるようになります。そういう感覚を味わうことで、起業してもやっていけるという気持ちになれるのです。

ですから、ぜひ貧乏旅行をしてみてください。

その貧乏旅行も、一番大事な健康が損なわれていると、そういったよりどころまでくずれてしまいますので、まずは健康ということが大前提です。

健康だったら、貧乏旅行でもなんとかなりますが、貧乏旅行も起業も体が資本で、自営業は自分の代わりはいませんので、くれぐれも体調には気を付けて過ごしましょう。

 

起業するには 個人事業 目標は次々と設定する

今回は自宅で事業をする人のために、目標とどのように向き合ったらいいのかをお伝えしていきます。

目標は働くことは車に例えるとエンジンで、目標喪失している状態は、海の状態でいうところのなぎということになります。

ないでいる状態ではここから新しいエンジンを発動させるには、止まっている車を動かすことと一緒なので、次の目標に向かってエンジンをかけるのはとても難しくなります。

というのは、自宅で事業をするというのは、外部の刺激がないからです。そのなぎ状態になってしまっていると、次の目標に向かっていくにはとてもむずかしくなります。

目標を達成しそうだなと思ったら、無理やりにでも次の目標を設定していきましょう。そうすれば、いつも次に向かう外海に出ていくことになります。

これはできそうかな、とか、近いとか遠いとか、満足感とか感じるとか、、、その違和感を修正したくなるので、そうすれば常に目標に向かっていけますので、ぜひやってみましょう。

 

起業家 影響力がなければ企業できないの?

影響力を与える人間になれば自分のいないところでも良い噂が広まります。

良い噂が広まれば、その人を中心としてコミュニティが出来上がり、周りが悩んでいることや問題を解決する商品やサービスがわかれば、それこそ起業するべき仕事です。

人が購入してくれなければ利益はありません。やりたいことを決めてからマーケットを作るより、マーケットを先に作りましょう。

起業するために必要なポイントとは?

一つは、凡事徹底の精神です。当たり前のことでも誰もができないレベルまで徹底的に極めましょう。

二つ目は仕入れたことをすぐにアウトプットすることです。

そして3つ目は一番難しいことから通り組むことです。

先に難しいことをすれば後が楽ですし、気持ちに余裕ができれば人を動かすことができます。

難しいからと後回しにせず、難しいことから取り組みましょう。

 

起業家 誰を大切にしたらいいの?

同じ行動をしていても、10人いれば1人は自分を嫌い、2人は自分を好きなものです。

嫌われたくはありませんが、その人のことばかり考えていては無駄ですから、自分に好意を抱いてくれる2人を大事にしてください。

うまく味方につけることができれば、その人達が守ってくれます。

正しい人間関係を構築する方法とは?

大切なことは、相手の自尊心を満たす言葉をかけることです。

好意を伝えること、大切な存在だと伝えること、そして相手の優れているところを伝えることは大切です。

情報収集力をあげよう

人は自分にどんな価値があるかを分からせてくれた人、自尊心を満たしてくれた人には特別な思いを抱きます。

影響力ある人間になるために、お客さんが求めていることを調査し、それに答えるビジネスを考えましょう。

情報を収集するためには、人間関係を構築して悩みや問題、希望などを聞き出すことが大切です。

 

起業できる人はどういう人なのか

サラーリーマンをやめて起業開業をやめるとしたら、会社を通しての信頼はなくなるので、やめたらわかるのですが、タダな人なんです。

会社にいるときは、会社の看板に守られているので、実際に起業したら、自分で仕事が取れないと起業はできないのです。

仕事は新しいことを作っていかないといけないのです。

仕事は常に新しい仕事を作っていかないといけないので、稼いでいる人は新しい仕事をどんどん作れます。

1日16時間働けないと、トップ集団には入れないし、起業したら、2,3年は休めないのです。

サラリーマン時代から仕事一本の人は、成功しやすいです。

あと、何をしても1番になれる人も、起業しやすいです。

営業力、技術が必要で、次から次に新しいものを売るか作るかが大事です。

行動力があると、動きがとまらないので、これからもどんどん行動してくださいね。

起業するには 友人と一緒に起業するな!

一人で起業をするのはいいのですが、中学校以来の友人、大学時代の友人と起業するとかいうことを聞きますが、基本的に一緒にしないほうがいいです。

その理由としては、会社経営は学校ではないですし、金銭的な関係になるので、今までの価値がすべて金銭的な関係になってしまいます。

一般的に起業して初めからうまくいくケースはないですし、失敗することもあります。

お金がもらえないということになると、そこで今までの関係がくずれてしまいます。

どうしても友人を入れたい、仕事をしたいというのであれば、あなた自身が売り上げて、十分な売り上げが上がってから、友人を入れたほうがいいです。

うまくいけばいいけど、うまくいかなければ、夫婦の時は金銭的に助け合えるので良い方向にいきますが、友人関係は結婚関係とは違うので、なかなかそうはなりにくいのです。

どうしても友人と一緒に起業をしたいなら、自分一人でやって売り上げを伸ばして、友人に給料を払える状態になってから友人を雇いましょう。

 

起業 創業 稼いでる人のお金と時間の話

稼いでいる人たちは、考え方や行動の仕方が違うのです。もちろん、お金の使い方や時間の使い方も違います。

プロフェッショナルの仕事はどういう仕事かをしっかり見ることが大事です。時間の使い方には、SNSで時間を使っているけど、結果が出てないなら、しないほうがいいです。使う時間が無駄です。

SNSは大衆相手なので、合わない人が多く、私のお客さんはやってないです。

そして、時間もお金も使うときは、ほめたくなるような人を飲みに行くことです。

従業員は、あまり教育しなくてもいい人を雇いましょう。稼ぐ人は、専門家を雇います。

稼いでない人たちは、ネットで調べたことを信じ込んでしまいますが、正しい情報のほうが少ないです。ですから、専門知識はお金を使って学びましょう。

稼いでない起業は、社長が従業員さんと同じ仕事をしている会社があるし、従業員の給料も安いので、社長さんは緊急ではないが、自分の時間を作って、次の売り上げを作りましょう。

どんどん勉強して、次の売り上げを作っていくところがうまく回っています。

 

起業家 凡事徹底できるようになろう

笑顔を究めること、少人数に絞って人間関係を深めること、どちらも誰でも出来る当たり前のことですが、この凡事を徹底するかしないかで勝負は決まります。

凡事徹底できる人を調べてみますと、姿勢がピンと伸びていることがわかります。

姿勢を伸ばせば無駄な力が入りませんし、体はリラックスして笑顔も生まれます。

笑顔を作るためには体に無駄な力が入っていてはいけませんから姿勢をチェックしてみてください。ピンと姿勢を張っていれば心もぶれませんから、小さなことでも迷わず徹底的に目標に向けて取り組むことができます。

心がぶれないために必要なこととは?

部屋の中にある窓のサッシなど垂直な一線を見て、離れたところから人差し指で上下になぞってみてください。

まっすぐになぞったつもりでもブレることは多いです。まっすぐになったら人差し指を自分の胸の前に立てると、真っ直ぐがどれがわかりますから、姿勢もまっすぐに伸びます。

うまくなぞれない人は精神的にもブレやすくし、なぞれる人は究めることができる人です。

姿勢を正すだけで精神的にもブレが治りますから、まっすぐな線をなぞる方法を是非お試しください。

起業するには 起業に向き不向きはあるのか?

結論から言うと、起業するには向き不向きはあります。

例えば、この人起業して本当に大丈夫とか、公務員、サラリーマンのままがいいのではという人はいます。

ですが、向き不向きはあるけれども、最終的に得られる結果には向き不向きは関係ありません。

この人起業したら苦戦するだろうな、絶対成功するだろうなという人はいますが、結果には関係ないのです。

きちんとしたノウハウ、知識、ノウハウから得られる結果自体に向き不向きはないのですが、実際に起業して活動したら、結果が出たという方もおられますし、

逆に自分が不向きだと思っていたけど、不向きかもしれないが、ちゃんと勉強して実行したら結果は出たという方もおられます。

逆に自分は向いてるなと思って起業、周りの人からそう言われていたのに、結果が出ないというのは、ノウハウ知識自体が間違っているか、やり方が間違っているかということになります。それか行動してないか、行動不足ですね。

結果が出てない方は、この二つの点をもう一度見ていってください。

ですから、何度も言いますが、結果には関係ないし、がんばった人、努力した人は結果は出るし、正しいやり方で、努力した人も必ず結果はついてきます。

起業するには 起業したいのですが周りの反対にあっています

仕事を辞めて、会社を作りたいという人は多いと思いますが、起業したいのですが、周りの人の反対に合っていますという場合、どうしたらいいか。

正直なところ、起業はあまりオススメしません。というのも、会社を辞めて、収入がゼロから始めることはかなりのリスクがありますし、家族の反対も多いでしょう。

それなら、起業よりも副業したらいいのです。サラリーマンの方は、まずは土日でやれる範囲でスタートしましょう。

一番よくないのは、来年は会社をやめて何かする、という方です。

サラリーマンの方は、したいことがあれば、週末起業でもいいので、まず今できるところから始めてみましょう。

カフェをしたいなら、人を呼んでパーティーを開いてみたら、なんとなくどんな感じかわかります。

起業は収入が安定するには最低でも3年はかかります。

副業しておけば、自分のスキルも上がってくるので、オーバーラップしてできますし、副業から本業に移行する際に、3年が2年、半年などと短くすることができるでしょう。

私の場合、副業の収入が本業の半分を超えたら、それを専業にしていこうと思っていましたが、メルマガや物販で気づいたら、目標の金額を超えてきたので、会社を辞めることにしました。

仕事を辞めるリスクは大きすぎるし、本業の収入の半分くらい稼ぐことができれば、本業をやめてその時間を副業に投入していけばなんとかなると、周りの人を説得することができますし、家族の反対もなくなると思います。

以上でお伝えしたことが周りの反対に合わずに、スムーズに起業するこつでした。

 

起業に何が必要なのか

始めて起業する際は勘違いしている人が多いです。それでは、まず起業する際に必要なものは何があるのでしょうか?

資金、有力な人脈、それともビジネスモデルでしょうか??

まず起業時に必要なのは、売り上げです。売上があれば、経営を継続していけます。

ですが、何も知らない起業家の方は、売上が出るかわからないのに事業を始めたりします。

事業は、日本にあるビジネスをするか、日本にないビジネスをするかのどちらかですが、たいていは今あるビジネスをする人が多いです。商売は安易に考えるひとが多いんですね。

事業をする上で大事なことは、自分から買ってもらえるようになることです。売れるか、儲かるのか、払ってもらえるのかというところをしっかり予測しましょう。

会社員の方は自分が持っていたお客さんをもって、そのまま独立したりすることもあるので、その付き合いで半年ぐらいはなんとかなったりします。

現実にお金をはらってもらえなくて、倒産する企業も多いです。

業種ごとに違いますが、粗利率で売り上げを見ていきます。事業計画書に書いて、机上で判断します。

起業する人は、0から1にする、拡大することが得意な人が多いのですが、1から1にする、継続する人も大事です。

ですから、起業する際は、拡大する人と継続する人がいたほうがよくて、そういった違う性質だと、けんかすることも多いのですが、ビジョンは同じで、気が合う人よりも、全く性格が違う人が組んだ方がいいですよ。

 

起業家 影響力のある人になろう

起業するために、トレンドを追うことも必要ですが、そればかりではどれも中途半端になって仕事として成り立ちません。

必要なのは、誰かにとって影響力のある人になることです。

最初はたった一人からでもまずは自分を信頼してくれる人を集め、その人達から頼まれた仕事を本気で取り組みましょう。

一人のお客様を大切にすれば、必ず周囲に広がります。

まずは人が寄ってくる影響力ある人間になるために何が大切かを考えましょう。

影響力のある人のなるために必要なことは?

大切なのは自然な笑顔を究めることです。

自然な笑顔を極められれば必ず人が集まります。人が集まってきたら初めて、その人達のために出来ることを考えてください。自然な笑顔を究めるためには、鏡の前でいつも口角を上げるトレーニングを続けましょう。

そして、辛いことや悲しいことがあっても笑顔を忘れないでください。

笑顔があれば多くの人の心を動かすことができます。

人に喜んでもらうことを究めるために、まずは笑顔の特訓から始めましょう。

影響力のある人になれる人となれない人がいる

笑顔が究められたら、もう一歩進んで少人数でも自分の味方につける方法を考えましょう。

自分の味方につけられるかどうかで、影響力のある人になれるか、なれないかが決まります。

自分の良い評判が広まれば、影響力がつきますから、良好な人間関係を築くことに力を入れてください。

友達を大勢作るよりも、徹底的に自分の見方になってくれる人が少人数いればいいのです。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


-起業するには

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.