画像を使いすぎた文書の容量を下げる方法 Word・PDF無料レポート | スモビジ

スモビジ

画像を使いすぎた文書の容量を下げる方法 Word・PDF無料レポート

   

画像を使いすぎた文書の容量を下げる方法

今回は無料レポートを書いて、PDFに変換する際に、既定の容量を超えると申請ができないので、その時に有効な方法についてご説明します。

 

メルぞうは、1.6MBまでしか申請できません。画像が多すぎると、すぐにその容量を超えてしまいます。

 

容量を超えると、レポートを分けるか、ダウンロードする形でレポートにする必要があります。

 

ところが、大きい容量のものを小さくすることができるので、気にせずに画像を使うことができます。

 

注意していただきたいのは、画像をたくさん使ったファイルのみで、文章が多いファイルは小さくなりませんし、挿入画像もJPGのみになります。

 

どうやってファイルを小さくするか

はじめに、圧縮するファイルを開きます。ここで、圧縮したい写真をクリックで選びます。画像をクリックすると、メニューのところに図ツールということろがあるので、そこを選択します。

 

その中に、図の圧縮がありますので、そこを選すると、圧縮メニューが出てきますので、圧縮オプションは両方選択して、一番下のドキュメントの解像度を選びます。

 

この作業を一枚ずつ設定していきます。

 

解像度が下がって、画像が見にくくなってしまうと意味がないので、なるべく画像が下がっても大丈夫なものから変えていきましょう。

 

全体的に容量を下げたければ、チェックを外すと、そのファイルのすべての画像に設定されます。

 

解像度は印刷用220ppiにします。プリントの際は、最低限の解像度です。

 

ファイル→オプション→詳細設定→イメージのサイズを画質という順序で設定していきましょう。

ファイル内イメージを圧縮しないを選択すると、もとの画像の大きさで添付してしまうので、画像の大きさとファイルも大きくなるので、チェックを外します。

 

こちらはもともとチェックは入ってない状態です。

 

150ppiの画面用は、普通はパソコン画面で見る、プリントしない画像に設定します。無料レポートはほとんど画面で見ることが多いので、容量が多くなってしまったら、こちらに設定しましょう。

 

このような手順で、PDFの容量を小さくすることができます。

 

以下の動画で詳しく説明してますので、ご確認くださいね。

 

 

 

 

 - 無料レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

スクリーンショットを撮ってレポートに活用する
スクリーンショットを撮ってレポートに活用する

The following two tabs change content be …

no image
無料レポート1時間で作成し一気に配布して儲けるためには?

The following two tabs change content be …

無料レポートの書き方とメルぞうの審査を通すポイント
無料レポートの書き方とメルぞうの審査を通すポイント

The following two tabs change content be …

no image
無料レポートダウンロード数の増やし方

The following two tabs change content be …

no image
なぜ無料レポートが大事か?

The following two tabs change content be …

no image
どうして無料レポートで金儲けができるの?

The following two tabs change content be …

no image
無料レポートのネタ探しの方法について

The following two tabs change content be …

無料レポートを投稿する【読者増加サービス】
無料レポートを投稿する【読者増加サービス】

The following two tabs change content be …

no image
オススメの無料レポートスタンド

The following two tabs change content be …

no image
メルぞうの無料レポートの作り方について

The following two tabs change content be …