自社に合った決済代行の選び方 | スモビジ

スモビジ

自社に合った決済代行の選び方

   

自社に合った決済代行の選び方

ウェブショップが広まる中、決済代行はとても需要が多くなっています。

 

サイトにおいては、デザインやカートを準備することも大事ですが、購入者が望む決済方法を準備しましょう。

 

ところが、購入者が望む決済方法を販売者側で準備するのは簡単ではないので、決済代行サービスを利用しましょう。

 

決済代行サービスはメリットが多いですが、デメリットもあります。

 

決済代行サービスのメリットは、

・カード会社との契約を一任できる

・売上の管理を一括でできる

・一括でまとめることで、管理コストを削減

 

決済代行サービスは、購入者とウェブショップ、カード会社の間で仲介をします。ですから、オンラインショップは、注文商品の発送と代行会社からの入金管理のみすればいいです。

 

決済代行会社は年々増えていて、2015年6月現在で37社あります。

 

ところが、数が多すぎて、どの決済代行会社を利用したらいいかという方が多いです。実際のサービスの内容がどのように違うのがかわからないからのようです。

 

決済代行を選ぶ6つのポイント

以下のポイントを押さえることで、違いが判ってきます。

 

どの特徴に焦点を当てるかによって違ってきますので、そこをまず決めましょう。

 

・料金システム

・導入の早さ

・入金の早さ

・対応している決済サービス

・審査基準

・多通貨に決済対応しているかどうか

 

オススメのカード決済代行

・後払い

サイトの売り上げを上げたい会社の方にオススメ。決済が未回収の心配がある会社は、こちらのサービスを使って26%売り上げアップ

 

・Paid

BtoBサイトを運営しているが、小口に対応できない会社似お勧め。取引先への請求や回収の手間を省きたい会社

 

・テレコムクレジットカード株式会社

すぐに決済サービスを使いたい会社にオススメ。他のサービスで審査にとおらなかった会社など。審査通過率が97%

 

・Anothre Lane ,Inc

展示会・イベントなどだけに期間に使いたい。他の審査に通らなかったけど、決済代行を使いたい会社にオススメ

 

・Square

飲食店、小売店、POSと連動したい会社。入金サイクルを早くしたい会社

・Paypal

オンラインショップで、利用者に信頼されるサービスを提供したい。決済利用料をなるべく低くしたい会社

・楽天スマートペイ

JCB、ダイナーズ等、すべてに対応したい会社。入金サイクルを早くしたい会社

 

以上がお勧めの決済代行会社でした。

 

みなさんも、ぜひ自社のニーズに合わせて優先順位を決めて、選んでみてくださいね。

 

 - ネットショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事