Google トレンドを使って商品の参入・撤退時期を見極める | スモビジ

スモビジ

Google トレンドを使って商品の参入・撤退時期を見極める

   

Googleトレンドの登録と使い方

 

Googleトレンドはこちらをクリック

 

 

Googleトレンドで季節商品を調べる

 

例えば「加湿器」というキーワードの需要を確認してみましょう。このツールを使って、その商品の最も良い仕入れ月を確認します。例えば、加湿器なら「12月9日~15日」となっています。グラフにカーソルを合わせると、1週間ごとのデータを見ることが出来ますので、より正確な仕入れ時期が判断出来ます。

 

 

扇風機なら7月7日~13日となっています。

 

 

 

・キーワード発掘からGoogleトレンドを使って

          仕入れ時期を調べる動画解説

 

 

Googleトレンドでブーム商品を調べる

 

以下は、ブーム商品の代表格「iPhone ケース」のグラフです。

 

 

ずーっと売れ続けてるのですが、右側だけ異常に検索回数が増えてます。2013年9月ですね。この月になにがあったかは、Googleで「2013年9月 iPhone」と検索して下さい。すると、以下の記事が検索で出てきました。

 

http://news.mynavi.jp/articles/2013/10/25/sales/

 

「アップルのスマートフォン新製品「iPhone 5s」「iPhone 5c」が9月20日に発売開始」と書いてますよね?新製品が9月20日に発売されたので、検索回数が伸びたようです。それまではずっと同じペースですよね?ここで、さらにもう一工夫してみましょう。「iPhone 販売周期」でGoogle検索してみましょう。こんなサイトが見つかりました。

 

http://appledays.santalab.me/

 

このサイトの以下の「iPhone」というボタンを押してみます。

 

 

すると、以下の画面に切り替わります。

 

 

発売時期が書いてますね!1年おきに、9月ぐらいに発売されています。ここから読み取れるのは、最新の「iPhone5s/5c」のiPhoneカバーは、現在が、10月とすれば、約1年間売れ続けることになりますね!このように、ブーム商品はメーカーの意向で、仕入れ時期が変わりますので、扱うと決めたなら、しっかりと発売周期なども頭に入れておきましょう。

 

Googleトレンドで通年商品を調べる

 

一年中ずっと売れる商品もあります。例えば「ドライブレコーダー」大きな変化はなく年中売れ続けています。

 

 

こういった商品は売上が安定するので、見つけたら、しっかりとキープして仕入先とも仲良くなっておきましょう。

 

 - トレンドリサーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の質門と回答

  1. 匿名 より:

    初歩的な質問ですが失礼します
    いろいろなデーターを取っていたのですがこのようなものがちらほらあったので返答いただけたらありがたいです
    グーグル検索数に対してアマゾンの出品ページ数が少ない(相場価格にもよりますが)というのはライバルが少ないとか参入しやすいのかな?とおもったのですがこういった考え方はありなのでしょうか?
    ご多忙だとはおもいますが返答いただけましたらと思います
    よろしくお願いいたしますm(ーー)m

    • 素晴らしい視点だと思います。
      おそらくアマゾンでもたくさん検索されているのではないでしょうか?

      ただし、Amazonの出品数?に関して全然関係ない商品もたくさんヒットしてるのでもっともっと少ないですよね。

      日本でGoogle⇒YOUTBE⇒Yahoo!の次に使われてる検索がAmazonなので、検索に需要があるのに、Amazonで検索してもヒット数が少ないものは狙い目です

      Google・Yahoo!で検索しても、どっちにしろAmazonの広告が一番上に出てきますしね。

      アマゾンでは、需要のあるキーワードの商品がそもそもないなんてこともあります。今回のような複合キーワードで〇〇の傘、みたいなものですね。

  2. 匿名 より:

    なるほど勉強になります!
    ということはメインキーワードを滑り台 プールとかだと商品的に飽和してるけどプール 滑り台ならライバルが減り売りやすくなるという考えも大丈夫ということでしょうか
    いろいろ考えてやってみます!

    • アマゾンがどういうアルゴリズムかわからないですけど

      基本的にはGoogleと同じで

      タイトルがキーワードに対して最も高い比重を置いてて
      次に、そのキーワードからのクリック率⇒購入率

      みたいな仕組みで上位表示されていくので
      その考えで正しいと思います。

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事