トレンドアフィリエイト:記事ネタのライバル調査 | スモビジ

スモビジ

トレンドアフィリエイト:記事ネタのライバル調査

   

トレンドアフィリエイト:記事ネタのライバル調査

 

トレンドアフィリエイトは、強いライバル(大手新聞社・大手WEBサイト・情報メディア)を避けて、無料ブログなどが1ページにあるようなネタ(キーワード)を狙って行きましょう。これさえ調査すれば、あとは記事を書くだけです。

 

記事ネタのライバルサイトは多いか?少ないか?

 

ここで重要な判断基準は「ライバルサイトが多いか少ないか」です。検索したキーワードのヒット件数で判断すると言っている人もいるようですが、それは完全に視点がずれています。ヒット件数ではなく目的は「検索した時に1ページ目に自分のサイトを表示すること」です。Yahoo!などで検索した時の、下の赤枠の部分です。

 

 

しかし、多くの人が興味を持つテーマで記事を書いても、強力なライバルが沢山いるような場合は、全くアクセスを集めることができない。ということになります。多くの人に検索されるけど、ライバルがいないキーワードで記事を書かないといけません。多くの人に検索されるけど、ライバルが少ないキーワード・・・それがトレンドキーワードなのです。

 

テレビをつけたら、明石家さんまが電撃結婚をしたと報道された場合、それがリアルタイム、もしくは、未来に話題になるトレンドキーワードです。

 

記事ネタ(キーワード)で検索上位5位で判断

 

記事ネタ(キーワード)で検索上位5位だけを見て、勝てるか勝てないかを判断します。記事ネタ(キーワード)で検索上位5位とは

 

 

記事ネタ(キーワード)で「Yahoo!」もしくは「Google」で検索して出てくるページの上から5つです。この時、広告には気をつけて下さい。広告は含みません。下の画像で言うと、緑は広告、赤枠の1~5番目が、記事ネタ(キーワード)で検索上位5位です。

 

 

ここでなにを確認するかというと、どんなサイトが、記事ネタ(狙ったキーワード)で検索上位5位に入っているかです。トップ5の中に、無料ブログが入っていれば、勝てます。無料ブログの会社名は、無料ブログ一覧比較!人気&おすすめ順に全て一覧で書いてますので、印刷するか、覚えるかしておきましょう。これらの無料ブログサービスを使った、ブログがトップ5に1つでも入っていれば、上位表示の可能性はあります。

 

逆に、大手ポータルサイト、NEVERまとめ、2ちゃんねるまとめ、名の通った企業関係のメインサイトなどが、狙ったキーワードで、トップ5を独占している場合は、非常に難しいので、キーワードを変えることをおすすめします。

 

【重要】狙ったキーワードです。

 

検索結果の上位を取るために重要なのは「タイトル」の次に「本文」です。下図は検索結果の「タイトル」と「本文」の位置ですが「タイトル」がマッチしていることが最も強いのです。

 

 

下図の赤枠は、今回検索した「矢口真里」もしくは「暴力」がどこに書いてある場所です。タイトルにキーワードが入っているサイトは1番と2番だけです。タイトルがマッチしていないサイトばかりの場合、上位表示できる可能性が高いです。

 

 

※ただし、大手ポータルサイト、NEVERまとめ、2ちゃんねるまとめ、名の通った企業関係のメインサイトの場合は、タイトルに狙ったキーワードが含まれてなくても勝てない場合があります。

 

トレンドアフィリ3分で出来るライバルチェックの仕方とキーワード選定

 

トレンドアフィリエイト!ライバルサイトのチェック方法とは?

 

トレンドアフィリエイト ライバルチェックで見るべき3つのポイント

 - トレンドアフィリエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事