メルマガの編集後記の役割 | スモビジ

スモビジ

メルマガの編集後記の役割

   

メルマガ編集後記の役割について

メルマガの最後にある編集後記ですが、この編集後記はとても大事な役目があります。今回は、このメルマガの編集後記についてまとめました。

 

こちらを楽しく書いて、あなたの読者のファンを増やしましょう。

 

何のために存在しているのか

メルマガの編集後記をやめたら、その後の反応が変わってきました。

 

編集後記は、とても大事で、こちらがあるとないとでは、開封率、精読率も違ってきますし、その上、配信者に親近感を与える効果もあります。

 

ですから、編集後記は必ず書きましょう。

 

メルマガ変種動きは開封率・精読率に直結

編集後記については、メルマガの内容と異なったことを書いてもオッケーです。

 

例えば、日常生活のことや、普段考えていること、こだわっていることやニュース、映画や動画やブログの紹介等です。

 

編集後記で、読者さんがファンになってくれて、開封してくれることがあります。

 

メルマガを開封されたら、本文の中にあるアフィリリンクをクリックしてくれる可能性もあります。

 

メルマガは勉強になる内容ばかりでは、ちょっとつかれます。

 

編集後記を楽しく読んでもらえるように、違いをつけると、ファンが増えていくでしょう。

 

編集後記でファンを増やす

編集後記では、読者さんとの親近感を上げる場所でもあります。

 

編集後記をとおして、読者さんにあなたの普段考えていることや日常生活について書きます。

 

例えば、好きな映画や食べ物、子供のことなどを書いても良いです。

 

このように、プライベートなことを伝えると、読者さんはあなたに対して、より親近感を感じるでしょう。

 

編集後記を設置する場所について

編集後記は、メルマガの最後がいいです。署名の前くらいです。

 

最後に編集後記があると、メルマガの初めからおわりまで、ざっとでも読んでもらえるでしょう。

 

その間にあるリンクもクリックしてもらえる可能性もあります。

 

だから、編集後記は最後に持ってくるといいのです。

 

5. 裏ワザについて

裏わざの編集後記とは、メルマガの裏編集後記を書きます。

 

一般的にメルマガには、メルマガに合った内容を書き、編集後記にはプライベートなことを書きますが、裏編集後記にあるメルマガは、裏編集後記に配偶者のプライベートを書きます。

 

それでは、こちらの内容を参考にして、ぜひ編集後記を書いて、読者のファンを集めましょう。

 - メルマガ(メールマガジン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
アフィリエイトを成功させるためのマインド

The following two tabs change content be …

no image
メルマガ 企画をしている間にすべきことは?

The following two tabs change content be …

no image
メルマガアフィリエイトで読者を集める4つの方法

The following two tabs change content be …

no image
メルマガアフィリエイト初心者におすすめの原価ゼロでの始め方

The following two tabs change content be …

Skypeで音声特典を作る方法
Skypeで音声特典を作る方法

The following two tabs change content be …

no image
メルマガ バンドワゴン効果を使ってメルマガを書く

The following two tabs change content be …

no image
メルマガで売るための文章作りのコツは?

The following two tabs change content be …

no image
メルマガの構成と発信する時間帯について

The following two tabs change content be …

no image
メルマガでファンやリピーターを増やすには

The following two tabs change content be …

no image
読まれるメルマガ作成の秘訣

The following two tabs change content be …