せどり

ヤフオク入札順で人気商品だけAmazon転売超時短せどり・せどりのバーコードリーダーKDC200とMS910の違い

更新日:

ヤフオクの入札術で利益アップ

 

みなさんよくご存知のヤフオクですが、今回はヤフオクで効率よく落札する方法について、お伝えします。この方法に取り組めば、時間を短縮して、効率のいい仕入れができます。

 

検索窓に希少と入れて検索します。気象とは数が少ないということですが、こちらは需要と供給のバランスがよくないです。この際に、需要のほうが多くなりますので、商品の価格は上がります。

 

ヤフーオークションに関するおススメの動画です。ぜひ、こちらからご覧くださいね。

 

せどりのバーコードリーダーKDC200とMS910の違い

KDC200をなぜすすめるのか

せどりに使うバーコードリーダーは、KDC200とMS910の主に2つの機種があります。

34000円以上、MS910は12000円~13000円くらいなので、価格が3倍くらい違います。

当初はMS910を使ってましたが、あるっ程度成果が上がってきて、KDC200も持つようになったので、今は2個持ちの状態を続けています。

私がMS910を買ったことは、実は後悔しています。KDC200をバーコードリーダーとしてオススメしているのは、KDC200のほうが読み込む速さが早く確実です。

MS910よりもKDC200を使ってからのほうが売り上げが加速したので、みなさんにはぜひともKDC200を使いましょう。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


-せどり

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.