アマゾン手数料・経費解説・計算ツールはFBAシュミレーター | スモビジ

スモビジ

アマゾン手数料・経費解説・計算ツールはFBAシュミレーター

      2015/06/03

アマゾンで商品を販売する場合

 

1.販売手数料(1個販売するごとに10~15%の手数料)

2.発送費用(お客様に商品をお届けする送料など)

 

 

1.アマゾン販売手数料

 

アマゾンの販売手数料は商品のカテゴリ(種類)によって違います。カテゴリ(種類)は多くないので、ざっくりと覚えてしまうのが効率がいいです。販売手数料は、アマゾンの規約に書いてますので、詳しく読みたい方はそちらをご覧ください。下の図の赤枠の部分以外は15%です。覚え方は「電化製品と楽器は10%、それ以外は15%」と覚えておきましょう。

 

カテゴリは、様々な場所に書いてますから、迷うことはないでしょう。

 

・オートメーションリサーチなら

 

 

 

・アマゾン検索画面なら

 

 

 

・アマゾン商品画面

 

 

 

 

2.発送費用

 

アマゾンで商品を発送する方法は2通りあります。どちらを選ぶかによって手数料などが変わってきますので、簡単に覚えておいて下さい。

 

・自分でお客様に送る自己発送(安いが手間)

84円~

 

・アマゾンの倉庫に商品を預けて任せるFBA(高いが楽)

320円~

 

基本的に初心者の方は、FBAで送るようにしましょう。今回は、こんな方法もあるんだな、程度に見て頂ければと思います。

 

自分でお客様に送る自己発送の場合

 

自己発送と呼ばれるもので、最も安い発送方法です。郵便局の「定形外郵便」と「ゆうメール」を使います。下記の赤枠の部分の重さの商品を送る際に使います。

 

定形外(安いのは赤枠のみ)

 

 

ゆうメール(安いのは赤枠のみ)

 

 

こちらは契約が必要ですが下記の通り、近くの郵便局に電話で話すとOKです。いかにも業者っぽいく言いましょう。努力目標として頑張ればOK、未達成でも何も言われません。

 

・郵便局に言うセリフ

「ゆうメール特約で、集荷と後納め契約と価格の見積がほしい。今まで外部の倉庫に発送を委託してたが、自社で行う予定。1年目は少なく見積もって、1日10個、年間3600個発送する。」

 

送り方など詳細は、自己発送の記事で解説しています。

 

 

・アマゾンの倉庫に商品を預けて任せるFBAの場合

 

アマゾンFBAを使います。こちらを利用すると「発送費用」として最低「320円」かかります。そこに「在庫保管手数料」で商品1個あたり「月間8円~」かかります。在庫保管手数料は、最初は気にしなくていいですが、全自動でAmazonが商品の梱包・発送をやってくれて、320円かかるんだなと覚えておきましょう。

 

手数料・送料で意識しておくこと

 

最終的に

 

・手数料は10%か15%

・送料は自己発送かFBAで80円~320円

 

ざっくり表にすると仕入れは「赤い部分は対象外」「白い部分は対象」となる。この表は「左の販売額で売った場合表中の金額が銀行口座に入金される」一覧表です。手数料は「最も高額」な「手数料15%」で計算しています。

 

 

最初のうちは、FBAを利用するので赤枠の列を見るといいでしょう。つまり、アマゾンで800円以上で売っている商品でしたら、原価等にもよりますが、儲かる可能性があるということです。

 

 

アマゾン公式手数料計算ツールFBAシュミレーター

 

FBAシュミレーターを使えば、アマゾンの手数料計算を簡単に算出してくれます。基本的には、使わなくてもいいのですが、重い商品・大きい商品は、予想以上の経費が発生する可能性がありますので、初めて扱う商品は、FBAシュミレーターで計算することをおすすめします。FBAシュミレーターを開いたら検索枠に「タイトル」「ASIN」いずれかを入力して「検索」をクリックします。

 

 

■タイトルの場合

赤枠の中をコピーして貼り付けます。

 

 

■ASINの場合

赤枠の記号をコピーして貼り付けます。※商品ページの下の方にあります。

 

 

「検索」すると下図の画面になりますので、FBA発送するなら赤枠の部分に、自己発送するなら青枠に、この商品の現在の販売価格の「2430」と入力(もしくは自分が販売しようと思っている価格)します。

 

 

入力したら「計算」を押します。

 

そうすると利益が表示されます。

 

 

今回は1860円がAmazon入金される額となります。

 

 

アマゾンFBAシュミレーター解説動画

 

 - Amazon.co.jp 販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の質門と回答

  1. 匿名 より:

    コーヒー豆の転売案件があります。
    560円で社員価格でアナログに仕入れることができ、1200円でAmazonで売れそうです。諸々のコストを勘案すると、ストップですか?海外からですと、仕入れ値が売値の25%ぐらいが目安と教わりましたが、国内だとざっくり何%を目安に考えれば良いですか?
    お忙しいところすいません

    • >国内・海外関係なく20%~30%は必要だと思います。
      >まずは、Amazonの食品の手数料を確認しましょう。
      >そして、発送時の送料を調べてみましょう。(賞味期限のある商品はFBA納品できませんので)
      >原価は560円ですね?これで儲かるかわかりますよね!
      >アイディアが出たら、具体的に計算するクセを付けましょう!

※コメントの回答をメールで受けとる場合「コメントを送信」の下のチェックボックスにチェックをいれ、メールアドレスを入力します。コメントはすぐに表示されず、編集部からの返信と同時に表示されます。

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事