コピーライティング

商品を売るには簡単なターゲットを狙え

投稿日:

商品を売るには簡単なターゲットを狙え

ターゲットを決める

商品を売るには、誰に向けて書くのか、その商品を購入してほしい人はどんな人か。

 

つまり、ターゲットが決まってないと、ぼんやりした記事になってしまいます。

 

アクセスが上がらない、アクセスがあっても読んでもらえないなどです。

 

文章が上手かどうかということはあまり関係なく、読んでもらえないと、商品が売れません。

 

読んでもらうには、ターゲットを絞る、これだけです。

 

しっかりと、相手を見ているかどうか、それを多くの人に感じてもらうことが大事なのです。

 

簡単なターゲットを狙う

手っ取り早くターゲットをきめるには、自分をイメージします。

 

自分でも何か悩みがあるように、人も大体みんな悩みがあります。

・スリムになりたい

・○○を買いたいけど、情報が少ない

・肌をきれいにしたい

・育毛したい

・コミュニケーションがうまくなり、人間関係を改善したい

 

悩みがあれば、ネットでキーワードで調べて、調べたことを自分の言葉で文章にします。そして、そこで商品を紹介する、という流れです。

 

私と同じように困っている人はたくさんいますが、その人が自分だと思って読んでくれるでしょう。

 

欲しい商品は、なぜ○○さんはそれがほしいのか、なぜ○○さんはそれを買うか悩んでいるのか、なぜ○○さんはそれを買ったのか。このように、誰がをはっきりさせましょう。

 

知らない人をターゲットにする

さて、自分をターゲットにすることができたら、次は知らない人をターゲットにして記事を書いていきましょう。

 

それには、ヤフー知恵袋や教えてgooとかで人の悩みを検索します。テーマを決めますが、季節にあったものがいいですね。

 

ヤフー知恵袋

 

教えてgoo

 

さっと見るだけでも、いろいろな人がいろんなことを悩んでいます。

 

そこで見つけた人に対して、記事を書いていくようにすれば、かなり文章が変わってきますよ。

 

商材からターゲットを選定

商品を絞ったら、その商品から連想できる悩みをこの商品で解決できる、ということを記事にしていきます。

 

どこまでターゲットを決めるかですが、年代・職業、性別、環境です。

 

つまり、ターゲットを決めるというのは、「誰に」をはっきりさせるということが大事なのです。

 

誰に行ってるのかわからない内容だと、誰にも読んでもらえませんので、みなさんも、ぜひターゲットを絞って、記事を書いていってくださいね。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


-コピーライティング

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.