思考法

ZOZOTOWN送料自由化でバズる実際いくらを選ぶのか

更新日:

 

おはようございます。早志です。

ZOZOTOWN送料自由化というニュース。
つけ払いだったり、毎回インパクトのあることを
されていて、そのたびに世間からの注目も
浴びていて、見せ方という部分で、

学ばないといけない部分が
たくさんあります。
本を読んでも学べないことが、
こうした企業の取り組みから
学ぶことができるので、

気になる会社は、
次に何をするんだろうという
興味を持って、

見ていきながら、
取り入れられるところは、
取り入れていこうと思います。

今回のZOZOTOWNの送料自由化試験運用
についてですが、

◆今までの送料
・商品合計代金が4,998円以下の場合は399円

・商品合計代金が4,999円以上の場合は無料

というようになっていました。

◆10/1 12;00以降の試験運用送料
・購入者の方が送料を自由に設定ができる。

となっていました。
スタートトゥデイの前澤友作社長のツイッターの
方には0円でもというふうに書かれていましたが、

ZOZOTOWNの購入ページの方で
試しにカートに入れて確認してみたところ、

初期設定が400円となっていて、
選択できる送料が100円から1500円の
100円単位となっており、

0円という項目がありませんでした。

どういうことかなと思って、
いろいろ見ていくと、

初期設定400円で選択できるボタンの
下のところに、
その他というチェックボタンがあり、
どうやら、こちらで希望の金額を
手入力で決めるということも
可能のようでした。

こちらの手入力の方は
送料は0~3000の半角数字でご入力ください。
となっており、3000円を超えるとエラーで
送料は0~3000の半角数字でご入力ください。というふうに
メッセージが現れました。

こちらは100円単位ではなくて、1円単位でも
入力ができるようです。

この取り組みに対する、
一般の方の反応、
ツイッターなどのコメントを
みていくと、

送料自由で0円も
可能となると、
0円を選択する人が
ほとんどなのではないか、

という意見もあれば、

人の心理として、0円
というと、後ろめたさを
感じる人がいるので、
0円を選ばないんじゃないか、

送料を選ぶのが面倒、
もしくは、ちゃんと読んでいなくて、
初期設定の400円のまま購入
するのではないか、

など様々な意見がありました。
試験運用ということなので、
どのような結果が出るのか、

すごく気になります。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


-思考法

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.