フリマアプリ

メルカリ逆ナン戦略~検索からやって来ないお客さんを強制連行させるテクニック~

投稿日:

どうも、東です。

メルカリなどフリマアプリで商品を販売する際に、何を考え、どのような流れで出品しますか?

おそらく、商品名や商品説明文に検索されるようなキーワードを意識して挿入しますよね。

 

また、当然ですが、カテゴリも販売するアイテムに合致したカテゴリにするでしょう。

あえてカテゴリをズラしてみることもあるかもしれませんね。

キーワードでの検索。そしてカテゴリでの絞り込み。これがフリマアプリで購入者が商品を探す動きです。

 

でも、それだけでしょうか?

いえいえ、もっと買う人の目線になってみると、それだけではないことがわかります。

今回は、メルカリで検索からやってこないようなお客さんを強制連行させるテクニックをお伝えします。

 

例えば、ベビー服や子ども服などのジャンルはお母さんが出品しているケースがとても多いです。

子供は成長が早いので、すぐに服が小さくなってしまって、どうしようもなくなります。

自分よりも小さな子どものいる知人や友人に、お古をあげてもいいですが、身近にあげる人がそうそういないですし、近所付き合いなども希薄になってきていますよね。

さらに、タダで他人にあげるよりも、フリマアプリなどで売ってお金になるなら、そちらのほうがいいと思いますよね。

 

もう一つ悩ましいのが、成長していく子どもにあわせて、次から次へと服を購入しなければならないことです。だからこそ、売れるなら売りたいと思うのは当然でしょう。

そう考えると、メルカリなどで子供服を出品しているママさんは、いま出品している服のサイズよりも少し大きなサイズの服を買う必要性があることに気づきます。

 

ここでのポイントは、商品を出品している人は、購入もするパターンが多いということ。

売上が増えると、メルカリ上での売上金がストックされます。

ストックされた売上金は、もちろんそのまま振込申請してもいいのですが、

商品を購入するときにも使えるのです。

 

アナタはメルカリで出品と購入をどちらもしたことがありますか?

メルカリで購入しかしない人は、売上金を購入時に使う感覚がわからないかもしれませんが、ものすごーくハードルが低いのです。

 

例えば、コンビニ払いやクレジットカードでの支払いだと、

ものすごーく欲しいものじゃないと買う気になりませんよね。

わざわざ支払いに外出してコンビニに行くとか、銀行口座からお金が引かれるとか、抵抗感を抱いてしまいます。

しかし、ストックされた売上金から支払うなら、財布の中身が減ることがないため、気楽に購入できるのです。

 

今回は子供服の例を挙げましたが、その他に組み合わせやすい商品ジャンルがありますので、考えてみて試してみると新たな販売ルートのきっかけになるかもしれません。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


東たかひろ
団地住まいで自治体から福祉給付金を受け取るような貧困状態から、年収240万円の非正規社員を4ヶ月でクビになり、いろんな儲け話に騙され続けたクズが最後に行き着いたのが、インターネットでモノを売ったり情報を発信したりして、価値を提供することでした。 まだ何も無い、ゼロの自分が、小さなイチを足していくことで成長していけるそんな場所が、インターネットビジネスの世界だったのです。 お金にスケベになり、ビジネスや投資の世界をちょっと見渡すと、美味しそうな話がわんさか存在します。多くはアナタのお金目当てにニコニコ手招きをしていたり、ありもしない豊かな生活をエサにして情弱釣りをしています。 その混沌とした、魑魅魍魎が跋扈する中で正しいものを選択するために、スキルが、そしてリテラシーが必要となります。 まず本質を捉え、ブレずに、継続し、己の資産を築いていくことです。 目の前の人や情報に振り回されず、目標・目的を持ち何が何でも達成してやるんだという気概を持って取り組んでいけば、それは間違いなくアナタの資産を築いていってくれる土台となります。

◆メルマガ登録は下のフォームから!
ほぼ毎日新しい動画をお届けします。


*メールアドレス

-フリマアプリ

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.