マーケティング

USJはなぜディズニーを抜くことができたのか

更新日:

『USJはなぜディズニーを抜くことができたのか。』

おはようございます。早志です。

8月も早くも半分が過ぎ、お店では、
秋物の商品が並べられ、もうすぐ秋かという感じですが、

秋にはハロウィンイベントもあり、今年は、何の仮装をしようかと
考えている方もいるのではないでしょうか。
パイレーツオブカリビアンの公開も今年はあったので、
海賊も多いでしょうし、ミニオンズなどもありますよね。

ハロウィンといえば、2大テーマパークでも、力を入れていて、
毎年この日にパークを訪れる人も多いかと思います。

トリップアドバイザーの発表では、ディズニーとUSJのランキング
がひっくり返るという、結果が出てましたよね。

USJ、ディズニー両方とも好きな私にとっては、
最近の2つのテーマパークを見ていて、
USJが抜くだろうなと思っていたので、
予想通りでした。

両方そもそも、比較するのが間違っているくらい、
もともと持っているコンテンツが違うので、
どっちが良いかというのは、好みにもよってくるかと思いますが、

どちらかというと、USJの方が、
攻めの姿勢だったのではないかなと思います。

USJは、観客参加型のイベントで
学生時代の文化祭を思い出すような、お客さんもエンターさんも
垣根を越えてみんなで盛り上がって、みんなで作り上げていく。
というそんなスタンスのように感じます。

一方ディズニーの場合は、少し、ゲストとキャストとの
間に距離を個人的には感じます。

USJのV字回復の話はとても有名なので、
ご存知の方も多いかと思いますが、

私は、書店でたまたま平積みされていた本、
『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』
元株式会社USJ、CMOの森岡 毅氏の本のタイトルが気になり、

衝動的に買って読んでいたのですが、
その本がきっかけで、森岡 毅氏のファンになり、
USJの快進撃、ビジネス戦略について興味を抱くようになりました。

私の場合、興味を持った人ができたら、
極力、会えるものなら会ってみたい。
そう思っています。

森岡氏もその一人だったのですが、
ちょうどセミナーのゲストで出演されるという情報を入手し、
森岡氏のセミナーに参加しました。

セミナーが始まり、しばらくすると、森岡氏の「わぁ~」という声。
何かと思ったら、どうやら元部下の方がセミナーに来ていたようでした。
それほど尊敬されているんだなとその時思いました。

今では、動画などを通じて気になった人物について調べることも
簡単にできますが、
私は、やはり、実際会うことが重要だと思います。

同じ場に居ることで、どんな声で、どんな話し方で、表情をするのか、
一見関係ないような、雑談、エピソードや、
ちょっとした仕草からもその人がどんな人なのか。知ることができます。
すごい人とはどんな人なのか。どんな共通点があるのか知っていくのも面白いです。

最近感じるのは、ずば抜けてすごい人は、その分人より何かが
極端にできないことがあるのではないかということです。

森岡氏の場合、セミナーでご自身でも語られていましたが、
極度な方向音痴で、小学生の頃、登校順路を母親に教えてもらい、
学校へ行ったようですが、一人でいざ行くことになったら、一向に
たどり着けず、捜索届が出されてしまったというエピソードが
あるくらいのようでした。

なんとなく、すごい人のイメージとして、
何でも完璧にできてしまう人という
勝手なイメージを持っていましたが、
実は違うんですね。

ちょっと安心しました。
全部完璧に自分でやろうとせず、できないことは、
出来る人に頼っても良いのではないかと思います。

さて話は戻りますが、
森岡氏が、ヘッドハンティングされUSJに来られた時の状況は、
とにかくお金がない....

森岡氏が色々と調べた結果掲げた目標は、
『ハリーポッターのコンテンツ』を持ってくること、
建設費用はなんと450億円。
当時のUSJの売り上げは700億円以下という、

内部、外部からも猛反対...
そうなりますよね。売り上げが700億円ないのに、売り上げの半分近くを
投資する。

『3段階ロケット構想』
1段目「ファミリー層の取り込み」:ユニバーサル・ワンダーランドを設立
2段目「関西依存の集客脱却」関東からも来たいと思えるような最強のコンテンツが必要=ハリー・ポッターのテーマパークの誘致
3段目「USJのノウハウを複数展開する」

最終目標を定め、その目標を達成するために、逆算して、
目の前のプロジェクトを確実に成果を出していく、1つも失敗が許されないという、
プレッシャー。

しかし、その無謀とされていたことをやり遂げられている。
すごいとしか言いようがないですよね。
まるで、ドラマのような本当のエピソード。

マーケッターとして尊敬している人が多いのも当然ですよね。
残念ながら、今年森岡氏はUSJを退社されてしまったのですが、
ノウハウをしっかりとUSJに伝授され引き続きをしているとのことでした。


※世界最大の旅行サイト*トリップアドバイザーより
■日本のテーマパークランキング トップ 10 (カッコ内は前年順位)
順位 テーマパーク名 (所在地)
1 位(2) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (大阪府大阪市)
2 位(3) 東京ディズニーランド (千葉県浦安市)
3 位(1) 東京ディズニーシー (千葉県浦安市)
4 位(6) ナガシマスパーランド (三重県桑名市)
5 位(4) 富士急ハイランド (山梨県富士吉田市)

■アジアのテーマパークランキング トップ 10
1 位 ユニバーサル・スタジオ・シンガポール (シンガポール)
2 位 香港ディズニーランド (香港)
3 位 香港海洋公園 (オーシャンパーク) (香港)
4 位 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (日本)
5 位 東京ディズニーランド (日本)

 


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


-マーケティング

Copyright© スモビジ , 2017 All Rights Reserved.